ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/03/25

2014年の国際特許出願数、増減率を調査。日本企業で増加率トップは「デンソー」。

ここ2、3日、あちらこちらで「2014年の国際特許(PCT)出願数」に言及した記事を見かけました。

記事例|
ファーウェイ:2014年特許申請数世界第1位となる
パナソニック首位転落、国際特許出願数で中国勢が躍進
中国企業がパナソニックを抜いた! 国際特許申請数・・・中国は国別でも大躍進

WIPOのプレスリリースはこちら


Statisticaでも、インフォグラフィックが作られていました。
Infographic: Huawei Tops International Patent Filings in 2014 | Statista

You will find more statistics at Statista


いくつか記事を見て感じたのは・・・
「みんな、パナソニック首位転落って言い過ぎー!」(汗

まぁ・・・昨年は首位でしたし、
世界中に名が通ったメーカーのこと。
記事見出し的には、絶好のネタにされそうですよね。(^^;


見出しでは
皆で転落転落って言うけど、
実際のところ、昨年との差はどうなのよー?

・・・と、疑問に思ったので、

今年のトップ10の、2013→2014比較
Excelでちゃちゃっと作図してみました。(データ元はこちら)

長くなりそうなので、折り畳みます!




国際特許(PCT)出願数 2013|2014 (2014 トップ10社分)


あらら。(汗

件数だけで見たら
ファーウェイは大躍進だし、
パナソニックは、「転落」って書かれても仕方ない、かも?


他は、前年と極端に変わらない企業が多いようですが、

・・・・
・・・・・・・・・・

下から3番目(第8位)、マイクロソフト。

前年よりかなり増えており、
目視レベルでは、
ファーウェイ並みの増加率があるように見えます。


「見た目」じゃ不正確なので、計算しました。

------------------------------
HUAWEI   増加率   63.1%
Microsoft   増加率   80.7%
------------------------------

あら?
見た目以上に!

Microsoft、PCT出願の増加率が大きい、とわかりました。


興味が増してきて、
PCT出願件数、2013→2014の
増加率、減少率の上位10社を調べてみました。

※画像クリックで拡大表示します。



日本企業では、
デンソーと東芝の増加率が大きいのが発見でした。

デンソーは前年の倍以上、124.7%増加。
東芝も2倍近く、92.8%の増加です。

出願方針に、何か変化があったのかもしれませんね。
(↑単なる想像です)




減少率の部は・・・

パナソニックはともかく、
シャープやノキアは、「・・・うん、そうかも?」という感じ。(^^;


また、上記は「変化率」だけを見ていますが


件数も付け加えると、
ボッシュ、トヨタ、インテルなどは、
300~400件の規模で、PCT出願を減らしており、
こちらも「出願方針が変わったのかな?」という印象を受けました。


デンソーが2倍以上に増、
トヨタが減、というのも、何か対照的な気がします。


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド


0 件のコメント: