ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/07/07

[KR] 韓国のCPC、付与も検索もスタート。付与の様子を推定してみました。


酒井です。お疲れさまです。
最近のKIPRISニュース(韓国版)の見出しからひとつ。


http://kbbs.kipris.or.kr/kbbs/kr/notice.do?act=view&SEQ=1249


「ちょっと!全然わからないじゃないですかー!」

・・・って、そこはどうか心の目。(うそ




ウソです。ごめんなさいっ!

見出しの右寄りに、アルファベットが見えませんか?


C P C

って。


そうなんです。
韓国では、ついに始まったんですよね。

CPCの付与。


で。KIPRISでも検索メニューにCPCが追加されました。

いつもながら、データベースの改良も素早いんですよね!


少し触ってみて、気付いた点などは記事の続きから。





英語版KIPRISに繋いでみますと、すでに、



CPCの検索欄が設置されています。


詳細表示もこんな具合で



CPC、違和感なく表示されてます。

ただ、さすがに
INIDコード※はまだ決まっていないみたいですね。


※INIDコード
公報の記載事項を示す( )内の数字です。
上記の画像ですと、(51)が国際分類で(71)が出願人、といった具合です。



そんな、韓国公報(特許・実用新案)のCPC分類。

・ どの程度付与されているのか?割合は?
・ どんな要領(?)で付与されているのか。遡及の程度など

など、データから推定してみます。


1)どの程度付与されているの?割合は?(2015年7月現在)

分類の成立過程にも内容にも共通性がみられる、
IPCとCPCで比較してみました。

・・・。

検索対象 IPC (国際分類) CPC (共通特許分類)CPC付与率
A61? 178,535 4,817 2.7%
G02? 110,503 5,694 5.1%


予想通り、と言っていいのでしょうか?

今年、付与がスタートしたばかりですものね。
今後の伸び率などが、期待されるところです。


2)どんな要領で付与?遡及の程度は?(2015年7月現在)


じつはKIPRIS、遡及の程度は簡単に推測できるんです。

豆知識、Tipsと言うのでしょうか・・・
画面の左下側に、簡易統計がついているんですよね。




CPCで検索し、
公報発行年などで簡易統計をとると、
遡及具合が簡単に判明します。


CPC=A61で、「発行年」でデータを取った様子です。



かなり、2015年発行分に偏っており、
また、遡及分も概ね近年が多い印象です。



こちらは、CPC=G02の「発行年」分析


こちらも2015年が最大ですが、
2013~2014も、比較的多いですよね。


2箇所(2分類)だけを見ての印象ですが、

「今年」の公報に対する付与が多いものの、
分野によって、
今年に偏って付与されている例と、
ここ数年程度が並行して遡及付与されている例、両方があり、

何となく、
「最近の公報を中心に、という事は決まっているけれど、
他は、審査部門 OR 付与担当部門の裁量で決められるのかな?」
という印象を受けました。
※あくまでも「印象」です。ハズレだったら、笑って許してくださいませ(にっこり)



韓国特許庁は、何をするにもパワフルな印象があるので (←ジブン的には)
今後の進展、楽しみにしています。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド←改訂版、もうすぐ出る予定。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

>ただ、さすがに
>INIDコード※はまだ決まっていないみたいですね。

いえいえ、国内分類ですので52です。
USの公開や登録は52として掲載しています。
しかも、(52)USCとして、CPCとも記載しています。

ちなみに、EP公開だとCPCが記載されていません。