ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【8月上旬以降】です。(2017/7/14現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/11/04

[コラム] 検索のセンス-成功確率を押し上げる要素(1)



おはようございます。サーチャーの酒井です。


文化の日を含めた週末は、
晴れれば散歩


雨の日は諏訪市内のカフェで読書・・・と

晴耕雨読的な感じ?
何やら健康的に過ごさせて頂きました。(^^)


のんびり過ごすうちに 「はっ!?」 と気付いた、
検索のセンス的な事、記事にしてみます。

ひとまず概要だけ・・・

折り畳みます。(ぺこり)



よく、検索のセンスが良いとか、
センスがあるとか、ないとか、簡単に言いますが、

他の仕事もそうであるように、
検索も、多くの要素が組み合わさった仕事。
センスを構成する要素は、たぶんたくさんあり


その中で
・ 多くの要素を持ち合わせていて、

なおかつ
・ その場に応じて要素を組合わせるのが上手

そういうのを 「検索のセンスがいい」 と言うのかもしれません。


検索する「自分」を基準に置くと、
「自分と外界」「自分の中で完結」「自分とシステム(化)」の3つ、要素がありそうだと思いました。


・ 外界(の情報。人がもたらすもの)と自分とのやりとり
例) 検索スキルを身につける
ヒアリングに行く
調査テーマを把握する

・ 内的思考|自分の中で完結する情報
例) 情報の分析
要点を押さえる
行動を決める

・ 道具、システムと再現性
    例) 検索システムやソフトウェアを扱う
パターンを見いだす
改善する

--------------------------------------------------

日頃、多くのお客様と接する中で、
時折、
「検索はなさらないけれど、異常にセンスが良い」方に出会うと、嬉しくなります。



このタイプの方と
打合せをさせて頂いて感じるのは、


目的意識が明確、は当たり前。
ゴールが明確です。

現在地→判断→必要な情報→ゴール、の道筋が全部見えていらっしゃるみたい。

で、
「道筋は見えるんだけど、情報収集のスキルがないので、そこは任せた!」

という感じで、お越しになります。



そんなとき、
現在地→・・・→ゴール、の道筋をお聞かせ頂くと、

調査費を頂く上に、
優秀な方の思考を垣間見せて頂いたようで、
ありがたい気持ちになりますし、

「この思考にお応えできる情報を出さなくては・・・!」

と、緊張感もMAXになりますが。



私が思うに・・・


データベース、という道具こそ使えないけれど、
調査設計、情報戦略は非常に的確、という事なのではないかしらん? と。

「外界接触」と「内的思考」が優れていらっしゃるんだと思います。




調査で出会った、このタイプの方は、
大半が優秀なマネージャーの方でした。
・・・それはそうよねぇ、という感じですが。(^^)


気が向いた時に、
各パーツ、掘り下げていこうかな、と思っています。




調査のお問合せはこちらからどうぞ


Today's photo | AUTUMN JOGGING

別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

お待たせしました!|特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: