ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/11/09

[書籍] 実践的な検索ガイド!「特許情報調査と検索テクニック入門」


こんにちは。サーチャーの酒井です。

少し前に、こんな風にお声を掛けて頂いた事がありました。

「特許調査って、システムの内容も変わるでしょ? "今の環境で、すぐ使える本"って、なかなかないんだよね。」


確かにそうなんですよね。


私も仕事柄、国内外の検索本を所有しているのですが、
たまに思い出して、ふる~い本を開いてみると
「うわっ!こんなインタフェースだった?」 って驚きますもの。(笑)


アメリカの古い本↓Netscapeが時代を感じます。


検索に慣れた方なら、
古い情報が参考になる場面もありますし、
少々古いスクリーンショットでも、勘?を動員して「今のシステムなら、たぶんこうだろう」と、類推で使えたりする事もありますが、


でもやっぱり、
特許検索の本って、より新しい方がストレスなく活用できるのではないでしょうか?


と、いうことで
発明推進協会から出た、新しい検索本をご紹介させてください。


―研究開発&特許出願活動に役立つ-特許情報調査と検索テクニック入門
野崎 篤志

→Amazon
→発明推進協会


ランドンIPの野崎さんによる力作!です。

読ませて頂いた印象ですが、
企業の方、知財部の方に役に立つ、実践的な内容、と感じました。


ずうずうしくも、拙著と比較させて頂くと・・・

拙著は大学・研究機関などに所属されている
「特許に慣れていない」「商用DBは契約していない」「J-PlatPatも始めて」といった、
初心者の方々を念頭に置き、
数ページ読み切り、的な感じで作りました。

そのような背景から
システムは「J-PlatPatを中心に、国内無料サービス」にほぼ限定しております。



一方、今度の野崎さんの本

目次画像で、ポイント紹介させて頂きますね。


↓海外の独自分類や、商用DBを含めたツール選択があり



↓国内外の特許情報調査と実務的なポイントもあり



↓技術内容×調査目的、の切り口で、
実務的な特許調査にも触れられています。



また、画像掲載は控えさせて頂きますが、
本文中の検索実例に頻繁に登場する
特許検索マトリックスは、
調査ポイントの整理にも、
また、検索式の組立にも有用かと思います。

私はこのあたり、ついつい説明を端折ってしまうのですが・・・(陳謝)
本書では丁寧に説明されており、
一見の価値あり!です。
社内研修で、調査を教える立場の方にも使える概念だと思います。


「酒井の本より、より実務的な内容が知りたい」方には、
野崎さんの本、おすすめです!



―研究開発&特許出願活動に役立つ-特許情報調査と検索テクニック入門
野崎 篤志

→Amazon
→発明推進協会


Today's photo | sketch-book-coffee


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

お待たせしました!|特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: