ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/11/06

[コラム] 検索のセンス-成功確率を押し上げる要素(3)


おはようございます。サーチャーの酒井です。


何気に続きものになった、
検索センスの3回目は、


内的思考×システム、の掛け合わせです。



内的思考は、1回目にも登場しました。
「調査戦略」を考える時に、欠かせない能力ですが。。



内的思考とシステムの連携がうまくいくと、




特に、
侵害予防調査や、無効資料調査で
ゴリゴリと検索式を組んでいる時は、
「内的思考×システム」の連携を使っているように思います。


内的思考で、要点・ポイントを分析して
調査戦略を立てていきますが、


検索システムには、機能的な制約や、
「データがここまでしか収録されていない」といった、
制約条件が結構あって、
そのまま作戦実行!といかない場合もあるわけです。


そこで、両者の兼ね合いを見ながら、
検索条件を最適化するのが 
「内的思考×システム」の連携、というイメージです。


※  検索条件の最適化のために
※ 日頃のスキルアップ(=外界からの情報)が必要なのはもちろん!ですよん。(^^)


逆に・・・
内的思考がもう一歩 (調査戦略がイマイチ) とか、
システムの能力を使い尽くせなかったりする(システム活用がもう一歩)と、
何か残念な結果になる、と、そんな感じです。



ええと・・・続きます。たぶん。



お問合せはこちらからどうぞ



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

お待たせしました!|特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: