ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月下旬以降】です。(2017/6/2現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/04/18

[自分メモ] 米国の有価証券報告書。第2話



こちらの記事は
「米国有価証券報告書(アニュアルレポート)」の調べ方、第2話です。

第1話は、サイトの入り口~アニュアルレポートにたどり着くまで。こちらからどうぞ


米国版Annual Reportを閲覧できたら、
次は
「特許のライセンス契約について、記載されているか否か」
ということなんですが・・・

意外!?と、
日本の有価証券報告書より「書いてない」例が多いように感じています
(自分の目撃した例がそうだっただけ、かも、しれないのですが)


ただ、やっぱり
調べたいターゲット企業について
実際に10-Kを開いてみないとわからない、というのも
正直なところなのかなぁ、、と。


米国アニュアルレポートの
「特許のライセンス契約に関する記載」の調べ方
単純なことではありますが、ふたつほど
記事の続きのほうに、メモしておきたいと思います。
※折りたたみます。




「特許のライセンス契約に関する記載」 の調べ方 (米国アニュアルレポート)


[その1] レポート第1章を中心にざっと見る

米国アニュアルレポートの第1章は、以下のような項目を含む例が多いです。
Item 1. Business
Executive Officers of the Registrant
Item 1A. Risk Factors
Item 1B. Unresolved Staff Comments
Item 2. Properties
Item 3. Legal Proceedings
Item 4. Mine Safety Disclosures

日本のパターンに倣うと
「重要な契約」は 1A Risk Factors に入りそうなのですが

実際に見ていると、
なんか第1章の該当しそうな箇所にバラバラと書いてある・・・
そんな印象になっているケースも、多いんですよね。(汗

ですので、

[その2] ブラウザの機能で全文検索

と、合わせ技でチェックしています。

米国アニュアルレポートはブラウザ上で読めるので、
ブラウザのハイライト機能を利用して
[patent] とか [intellectual property] などの語をハイライトさせ、

「どこかに書いてないかなー?」

と探してます。


”かっちょいい方法”ではないけれど、
記載箇所がイマイチさだまっていない以上、
こうするしかないのかなぁ、って感じです。


最後はベタな方法になっちゃって、
なんか、ごめんなさい。

それでは!





4月の調査予定、おかげさまで「満員御礼」となりました。
現在は5月連休明け以降のご報告予定、順次お預かりしています。

調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: