ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/10/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2012/11/27

[ご案内] 検索式の作成/添削 ~ 検索設計をいたします。

photo credit: NathanaelB via photopin cc

9月後半から12月前半にかけては、
1年のうちでも、とりわけ出張が多い時期。

講習会でお目にかかった方からは、時々
「こんなにお忙しいと、検索する時間がないんじゃないですか?」と、

ご心配いただいてる? それとも揶揄?(笑)
みたいなお声を掛けていただく事もございます。


でも、一部の方だけ、

   「あー、相変わらず、大量に検索されてますもんね。。。」

知っててくださってました。

それが 「検索式を設計したり、式だけ作ったりする仕事」。


検索式作成のご紹介は、記事の続きからどうぞ。


この時期、確かに講習会の回数も多いのですが、

最近は「検索式を作る」「チェックする」 仕事で、
企業様に伺う機会が、増えてまいりました。
    (これまで、特に宣伝した事はなかったのですが・・・)


数字でみる検索シリーズ でも登場した通り、

私、特許検索競技大会のように
 「紙の資料と、自分の解釈だけ」 で検索をするならば、

テーマを見てから、検索式がほぼ完成するまでの所要時間が、
約1時間半なのです。



技術者の方にヒアリングさせて頂いたり、
途中式をご覧頂いて、
「大体いいよね」 とか 「ちょっとハズレが多くない?」 などなど、
その場で検証と修正を加えていくと、

通常は、およそ、自分ひとりで検索する時の2倍。
2時間半~3時間程度で、

「特許検索競技大会みたいな状態より、 もう少し練った検索式」
が出来上がります。

対面作成ですと、その場でほやほやの検索式をお渡しして終了、です


資料抽出は、皆様にお任せですが・・・

代行検索で資料抽出まで預けていただくよりは、
タイムラグが生じないのと、
検索式を作っている状態が、とにかく全部見えて、確認できるのでいい、と言って頂ける事が多いかな?
ギャラリー(!!?) の方が、多数入室されたこともありますよ。



よく、ご質問をいただくのが 「使用データベース」。

これは、正直いって、
私のJP-NETを持ち込ませて頂くか、貸して頂くか、が一番効率が良いです。
  (使い慣れた道具は、思考を妨げませんので。)

# 他のデータベースですと、
   当日、その場で貸していただく形で、お願いしております。
   なお、どうしてもJP-NETよりは、思考速度が落ちてしまいます。。ご容赦ください。


その他、詳細のご案内です。↓↓


検索式の作成/添削 で、お受けできる内容の例

技術者の方、知財部門の方と三者で打合せ。技術動向調査(広め)用の検索式をその場で作成。検索内容の検証まで、その場で実施。(約3時間)

 技術情報/製品情報/業界情報まで含めての交通整理と、検索の組立て&方向付け。(ヒアリング含めて2~3時間)
    ● 毎月のヒット件数が多く、技術者の負荷が大きかったSDI(監視調査)の検索式を修正。以前と同等の検索内容がヒットするにもかかわらず、毎月のSDI報告件数が約4分の1になり、負荷軽減。(対面で2~3時間)

     実際に作成された検索式をお預かりし、チェック。サーチャーとして伸ばしていくと良い点(得意分野)と、ウィークポイントになり得る点、その対処法(勉強法、訓練方法)などをお知らせ。(1~2時間)


     事前に準備をお願いしたい資料

    技術情報があれば、事前送付をお願いしています。
    公報や関連URLでも良いですし、社内作成の資料・図面などもありがたいです。

    検索式添削をご希望の場合は、検索条件のご提示をお願いします。作成されたデータベースの種類は問いません。

    (機密保持についても、遠慮なくお申し出ください。スピーディーに対処させていただくために「弊社からの機密保持誓約書提出」も行っています。)



     準備段階 ~ 当日の流れ (検索式/対面作成の場合)

    0) 打合せ日程をご予約ください。
         機密保持についても、この時にご連絡頂けますとスムーズです。

    1) 事前に頂いた資料を、読み込みます。
         必要に応じて、分類・キーワード等の「素案」を検討します。

    2) 当日は、まず技術のポイントから確認させて頂きます。
         調査目的に応じて、業界の様子や、製品の販売、ユーザー様の使用状況などを
         お伺いするケースも多々あります。

    3) その場で、検索式を作成していきます
         調査テーマによっても異なりますが、通常、複数の小集合をご提案します。

    4) 書誌一覧/詳細表示などをその場で確認。
         ヒット率や、漏れの可能性等、直接確認して修正を加えます。

    5) 件数が多くなった場合は、「各小集合の優先順位づけ」 「最適な作業分担」の
         アイデアもご提案します。

    6) JP-NETの場合は、その場で 「テキストデータ」 の検索式ファイルをお渡しします。
         同データベースならば、直接 「検索式読込」 が可能です。

         他のデータベースに移植される場合も、テキストデータで開く事ができますので、
         内容確認や「コピー&ペースト」等が容易です。



     作成/添削の料金

    ・ 対面での作成 / 添削

          国内検索式は (3万円/1時間×所要時間) + 交通費等の実費   で作成します。
          海外分はご相談下さい。

          <所要時間の目安>
          検索式作成は 平均3時間/1テーマ、
          既存検索式の添削は 平均1~2時間/1テーマです。
          所要時間は、テーマ、調査目的等により変動する場合がございます。

          終了後は、その場で検索式(テキストファイル)と使用分類表(Excel形式) をお渡しします。

          必要に応じて、当方の検索メモ等を複写して頂く事もできます。
          録音、画像撮影などもご自由にどうぞ。


    ・ メール、電話による検索式作成

          国内検索式は 1テーマ 10万円です。 海外分はご相談下さい。

          納期は1週間前後となりますが、混雑する場合もございますので、
          問合せ時にご確認ください。
       
          完成後は、検索式のテキストファイル(JP-NET形式)と分類表(Excel形式)をお渡しします。
          検索式ファイルには、簡単なコマンド説明等も書き込ませて頂きます。

          お引き渡し後、必要に応じて検索式を微調整される場面を想定し、
          公報番号リストは、お渡ししておりません。
       


     ご予約とお問い合せ

    <対面での検索式作成/添削>

    年内(12月中) の 「検索式作成/添削 (対面)」 の予約枠は終了しました。thank you!

    只今、1月以降分のご予約を受け付けています。お問い合せはこちらからどうぞ


    <メール/電話による検索式作成/添削>

    随時受け付けております。

    こちらの納期は通常1週間程度ですが、一時的に混雑している場合もございます。
    お問い合せ時に、ご確認くださいね。

    お問い合せはこちらからどうぞ



    別窓で登録フォームが開きます
    連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
    代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
    ●  講習テキストの販売を始めました。
    採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

    0 件のコメント: