ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/12/18

[過去記事][JP]分類表とハイフンと、統一処理のことなど(1)


Pilleistä tehty himmeli / Source : Pinterest

※こちらは旧・アメーバブログ過去記事の再編集版です。
 
2009-11-30 13:13:26[JP]異表記つながりで、ハイフン&統一処理のことなど。


日本特許の場合、普段は気付きにくいのですが、
テキストデータの中に

 「ー(長音)」 と 「-(ハイフン、マイナス)」が


混ざっているケースがあります


たとえば 「ソニー」 と 「ソニ-」 とかですね。


また、案外盲点、かつ侮れないのが、

分類定義文
 です。

どういう事かというと・・・?



ええと、実例を見て頂いた方が、わかりやすいかと。

特許庁のIPDL 「パテントマップガイダンス」 で
分類(Fタームリスト)の、キーワード検索をします。


検索内容は、

1) 「コンクリート」 (長音)
2) 「コンクリ-ト」 (ハイフン)
3) 「コンクリート+コンクリ-ト」 (長音+ハイフン)

の3種類です。


では、結果をご覧ください。 注:以下、記事中の画像は2009年時点の検索結果です。



1) 「コンクリート」 (長音) ・・・ 262件です。









2) 「コンクリ-ト」 (ハイフン) ・・・ 118件です。



3) 「コンクリート+コンクリ-ト」 (長音+ハイフン)
 ・・・ 364件です。






 










えっと・・・ 262+118 = 380?

そう、16件だけ、「長音」と「ハイフン」がかぶっていますが、
残り364は、重複していない、って事になりますよね。



要するに
「コンクリート」 で検索して、
「よっし! 分類見つかった!」って安心してた方は、

全然安心じゃないです!ガビーン(うさ)・・・って事になっちゃいます。

長音、といえば

「フレ-ム」 も
「ア-ム」 も、
「モ-タ-」 も、
「センサ-」 も、
み~んな、

ハイフンの分類定義が、混ざってますよ
ーーー!
(本当&力説)



そんな事も手伝って、「分類のキーワード検索」 
私は殆ど使う事がありません。


だって「長音とハイフンと・・・」って考えてたら、
余計ヤヤコシくなりますし。(難しい事、きらい~)


そういえば、出願人の

 「ソニー」 と 「ソニ-」 とかですね。

この違いは、どうなるのでしょうか?

これには、データベースの 「統一処理」 が関連するので、
分類の検索とは、若干様子が変わります。

長くなりましたので、「統一処理」はまた次回!
それでは!



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: