ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/12/26

[過去記事][JP]Fタームの検索対象を図解化すると。


God Jul: Happy Santa Lucia Day /Source : Pinterest



※こちらは旧・アメーバブログ過去記事の再編集版です。

2009-07-07 10:12:31

データベース検索、
分類の知識があると、もっと効率が良くなるかもしれませんよ?

というお話、よく、させて頂くのですが、
分類の解説って、どうにもこうにも、理屈っぽくなります。

少しでも、直感的に理解する助けになれば・・・の図解化です。


今日はこれ。





 2種類のFタームの大きさ(検索できる、設計範囲)を、
魚とりの網にたとえると・・・?




Fmの網 は、テーマコード範囲と同じ口径で、
 薄くて大きめの網

大きな「金魚すくいのポイ」みたいなものかと。
(あ、破れたりはしないですよ!)

テーマコード内なら、横の方にいる魚も獲れます。

網の深さは、検索式で変えられるのですけど、
網を深くしすぎると、いらない魚とかも入って、
魚の選別が面倒になるかも・・・です。

Fsの網 は、テーマコードよりも、FIよりも、
もっと小さい口径です。
イメージは縦長の、細長い網。

口径が小さいので、横の方にいる魚は獲れません
あと、網の大きさは ほとんど変えられません。

・・・って感じ?

余計に、わけがわからなくなったかも・・・?


それではっ。(逃
別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: