ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/12/10

[過去記事]出願人検索の番外編 :出願人異表記を特定する3つの方法。


Source : Pinterest

※こちらは旧・アメーバブログ過去記事の再編集版です。
出願人検索の続きです。

------------------------
前回までの記事はこちら。(このブログ内でリンクしてます)
1~2  → [LIST] [JP] 出願人検索 10個のチェックポイント。
3~5  → [JP]出願人検索のポイント その2  
6     → [JP]出願人検索のポイント その3
7~10  → [過去記事][JP]出願人検索のポイント その4  
--------------------------


チェックリストの8、「法人名の異表記」 で言及した、
「出願人異表記を探す方法」 について、ご紹介します。

よく使われる方法は3つ、です。

出願人の異表記を特定する3つの方法

1.データベースの「出願人参照機能」を使う。
2.海外DBで検索 → 日本出願をすべてチェックする。
3.アルファベット表記で検索してみる。

※他にも「発明者名」「住所」などを使う方法も、考えられます。
 が、手順が煩雑&使用頻度が低そうなので、「選外」といたしました。

以下、順番に解説していきます。



1.データベースの「出願人参照機能」を使う。

一番簡単で、使用頻度も高いと思います。

「これかな?」と思われる、出願人名を入れると、
50音順に、前後の出願人名が表示されるものです。















基本はこれですが、



前回の検索例の
ザイリンクス と ジリンクス  とか、

コメント欄で紹介頂いた
アップル と、 アプル 

という風になると、
50音上で、離れてしまうので、
出願人参照では、なかなか見つかりません。



そんな時は、次の方法です。

2.海外DBで検索 → 日本出願をすべてチェックする。

XILINX や APPLE COMPUTER,

本国での出願人/譲受人名は、
「正式社名のアルファベット表記」
なので、
日本出願より、はるかに表記ゆれが少ないです。

そこで、


1) 海外DB(=アルファベットで検索できるDB)で検索。
商用データベースでもいいですし、esp@cenetでもOKです。

2) 日本の公報番号を取得。


3) 公報に記載された出願人名を、すべてチェックする。

これで、かなり異表記が発見できます。

また、ここで得た公報番号を加える事で、
検索漏れも少なくする事ができます。



3.アルファベット表記で検索してみる。
※DBにより、違いがあります。 

データベースによっては、
「XILINX」 「Apple Computer」
の表記で出願人検索できる場合があります。


注意)
出願人名の項目に、
アルファベット表記が入っている公報に限定です。(下図)












アルファベット検索できるデータベースでは、

このように、件数が出て、







 

  
一覧表示を見ると、
ザイリンクス と ジリンクス が混在しているのか! とわかります。




ちなみに、アメブロのコメント欄では、

出願人コード / 出願人識別番号 は使えませんか?」
というご質問があったのですが、


使えません!(涙)(きっぱり)


その理由は、

出願人表記が違うと、識別番号も変わってしまうから・・・ です。


実際、こんな風に。









 





アップルコンピュータだって、こうなってます。





 














※余談ですが、
韓国にも出願人識別番号があって、

日本やアメリカからの出願は、
出願人表記の数だけ、識別番号がある。

という状態になってます。



「日本の出願人検索」シリーズは、一応ここまで。

また、他のリストもアップしていきたいなー、と思っています。
よろしくお願いします。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: