ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/12/05

[過去記事][JP]出願人検索のポイント その4


Source : Pinterest

※こちらは旧・アメーバブログ過去記事の再編集版です。

出願人検索、10個のポイント解説の4回目です。(やっと・・・)
今日は、最後の項目まで解説いたします。

------------------------
前回までの記事はこちら。(このブログ内でリンクしてます)
1~2  → [LIST] [JP] 出願人検索 10個のチェックポイント。
3~5  → [JP]出願人検索のポイント その2  
6     → [JP]出願人検索のポイント その3
7~10  → [過去記事][JP]出願人検索のポイント その4  (この記事)
--------------------------


http://ameblo.jp/sakaimisato/entry-10363723209.html
7、8番目は、ほぼ同じ内容ですが、


7.法人名にスペース、中黒などが含まれる時
8.法人名の異表記


あ、中黒というのは   ・  ← これです。
ピリオドではなく、
真ん中へんに打ってある、黒い点のこと。




出願人名は、
アイビーエム なのか
アイ・ビー・エム なのか、
それとも、両方入力した方がいいのかな?
と、考えてみる・・・というのが、7番です。

これ、とりあえず「両方入力してみる」が良いと思います
(不要だったら、後で削ればいいので・・・)


アイ・ビー・エムも、少しだけ、中黒のない出願があるんですよ~
(正式名称は、日本アイ・ビー・エム株式会社です。)
酒井美里公式ブログ「検索が好き!調査が好き!」

ちなみに、上の検索例のシステムでは、
出願人名に含まれる「スペース」はエラーになるので、
検索していませんが・・・


他の検索システムでは、動作が違ったりしますよ♪


こちらのシステムだと、
スペース、中黒、詰めて入力、すべて動作してます。
で、「スペース」を使うと、まとめて検索ができているようです。
上の例とは、かなり、挙動が違いますよね?
酒井美里公式ブログ「検索が好き!調査が好き!」


※あと・・・「なんて面倒なっ!」と言われそうですが、

中黒、スペースの他に、「ピリオド」「コンマ」 
などが登場する検索システムもございますです。。



ってことで、
前回までのおさらいになりますが、

1.名義変更が反映されているシステムか
6.法人格の入力方法

などとセットで、

「自分の使っているシステム、
記号に対しては、どんな動作をするのかな?」

と、確認しながら、検索されると良いですね!




8.の法人名の異表記

こちらは、あまり検索システムには影響されません。(たぶん)


私が目撃した具体例で、お話しすると、

半導体業界に、XILINX って、米国の会社があるのです。




この会社の日本出願を検索していまして・・・


日本法人は「ザイリンクス株式会社」なので、
まず 「出願人=ザイリンクス」 で検索します。


そこそこの件数は出るものの、
なんか、違和感があるなぁ~

と考えて・・・考えて・・・


そうしたら


ありました!

出願人=ジリンクス

のレコードが、20件くらい。

「異表記なんかないよね?」なんて思い込んだら、
危なかったです~uwa-n!!*


「日本法人もある会社だから、正式名称を使うでしょう?」
なんて、油断しちゃだめですねぇ。。。



※出願人異表記を探す方法は、
  別の機会にリストアップしますね!



9.共同開発先をチェックするか、否か。

これは、調査目的によりますね。

例えば
「このテーマで、共同開発している企業・大学があれば
まとめて特許を見ておきたい。」 とか、
「○○大学の、共同開発スタート前の出願も確認したい。」 とか。

依頼元の方から、お話がある場合がほとんどと思いますが、
様子(話の流れ)を見て、「どうしますか?」と確認されるとGood!です。



10.個人名の出願があるかも・・・と、念頭に置いておく。

小規模な企業では、頻繁に、

あと、

大企業の研究者の方らしいのだけど、
何かのはずみ!?(ごにょごにょ・・・)で、

個人名で特許を出願されている、という例もあります。
※後で権利譲渡されている場合も多いですが、
DBに反映されない事もある、っていうのは
リスト1番で述べた通りです。


権利行使に関係するようなサーチで、
「絶対、1件も取り残さずに!」
という検索でしたら、

「個人名での出願」の可能性も、
頭に置いて検索されると良いですね。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: