ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/02/24

[基礎] 無効化調査とライセンス料(ロイヤルティ)と損益計算書


Source : Pinterest

こんにちは、酒井です。

今日の記事は・・・かなり基礎的で、ベタなお話です。

会計の基本的な知識や、ライセンス業務のご経験がある方には
簡単すぎて 「ぷっ」 と笑われてしまいそうな内容。。(恥


この記事のタイトル
「無効化調査とライセンス料(ロイヤルティ)と損益計算書」 で、
1つでも 「?」 がある方だけ、お付き合いくださいませ。。


それでは、まいります。


調査の講習会をしていて、時々いただく質問。
無効化調査をしていて「もうこれ以上は無理!」と思うのに、
上の人から 「もう少し頑張れないの?」 と言われます。

・・・本当に、もう調べ尽くしていると思うのですけど・・・
どうして「調査続行」って言われるんでしょう? 
(・・・そしてそんな時、どうしたら良いのですか?)

「どうしたら良いのですか?」は、今回は脇に置いておきまして、

「なぜ、調査続行と言われてしまうのか?」を考えてみます。


ひとつの理由として、
「無効化調査成功、が最もラクで、最もローコストな解決法だから」 という解が考えられます。


楽でローコスト??



無効化調査をする、ということは、
製品の実施にあたり、障害になる特許権が存在する、ということですよね。

もし、製品を実施するならば、
権利の無効化の他に

・ 設計変更
・ 部品供給 / OEM等を受ける
・ ライセンス許諾を受ける

など、いくつかの道があります。

設計変更 → 時間がかかる。簡単でない場合がある。
部品供給、OEM等 → 自社生産でない分の、追加コストがかかる。

というのは、簡単に想像がつきますが、


意外と
「ライセンスのコストがわかりにくい」 というお話があったので、
ちょっと整理してみます。

ライセンス料(ロイヤルティ料率)は、
業種により、相場感覚も慣習も異なるようです。


少し前(2009年)の資料になりますが、料率について参考になる資料はこちら。

「知的財産の価値評価を踏まえた特許等の活用の在り方に関する調査研究~知的財産(資産)価値及びロイヤルティ料率に関する実態把握(特許庁)」
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/chousa/pdf/zaisanken/2009_06.pdf

この資料の13ページ目(ファイルの13ページです)付近に、
アンケートに基づく、国内企業ロイヤルティ料率 他が掲載されてます。



やはり業種によって、料率が違いますね。(算出方法の慣習も違いますし。)


さて・・・
ロイヤルティ料率、上記資料に基づき、
ここは単純に 「3~5%」 として、話を進めます。


3~5%って、「何」の3~5%か?というと、


一般的に 「工場出荷額」 か 「売上高」の3~5%と言われます。

よくある契約書の文面では・・・
第○条(実施料)
乙は本特許発明の実施料として、本特許発明を実施して生産した○○○○(以下「本商品」という)について、乙の工場出荷価格の○%相当額を甲に支払う。
・・・といった具合に。

※実際には「部品毎の寄与率」などの話が出てきますが、
※ここは「単純化」して説明してますので、突っ込みはご容赦くださいませ。。。(謝)


それで! (←いきなり力が入る)

「ライセンスのコストがわかりにくい」 方の中には、
工場出荷額の5%を持って行かれる感覚をつかみにくい方が多い?感じなので、
絵を描いてみました。。


「工場出荷額の5%だと、大した事ないような感じ」 がしなくもないですが。



工場出荷額(売上げ)の内訳を考えてみると、
案外、利益(ここでは営業利益とします)って少なくて・・・(涙)

※↑↑科目の分け方も、ちょっと悩みました・・・「イメージ」って事でお願いします。



結局、営業利益とライセンス料の比率は、こんなイメージになります。


「出荷額の5%」 は 「利益の半分」 みたいな感じ。
下手したら、利益が全部吹っ飛ぶかも・・・しれません。(悲




ですので、最初の話に戻りますと、

きっと、上の方は、
「ライセンス契約をしたら、利益が全部吹っ飛ぶかもしれない」 と想定されていて、
「調査、もっと頑張れ!」 と言われていたのかもしれません。。
 (↑あくまでも、想像ですけれども。)


それでは!




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: