ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡最短納期は5月下旬です。
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2021年度受付中!  
📆出張講習スケジュール(2021年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表



2016/01/19

[つぶやき] 調査のスキル。基本的から上級への階段。



こんにちは、サーチャーの酒井です。


ずいぶん前(今見たら、2年前!)に
気になって保存していた、こちらのツイート。
ピアノレッスンについてのものですが・・・



調査(検索とか特許とか、に限定せず)にも
同じような階段があるんじゃないかしらん?と
時々考えます。



今、考えてるのはこんな感じ。(また、変わるかもしれないけど・・・)

言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

上記のツイートと同じく、
左にいけばいくほど基本的なスキル、右にいけばいくほど上級なスキル。です。


たとえば・・・

基本的な調査手順なら?

左側をメインに使えば事足りそうです。
言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

ポイント把握→検索→査読、だけできれば、
「ひととおり、検索できました!」 な感じ?



ちょっと凝った検索に踏み込むなら?

言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

対象ジャンル、たとえば「特許法の知識」とか、業界や技術を深く理解しているとか。

より的確にターゲットを狙うために、データベースの事を知っていた方が良いし、

「もっとここを調べた方がいい!」視点の切り替えも、有効かと思います。




では、もっともっと難しい調査。
「答えも、調査の道筋も全く見えないけれど、こんな事が知りたい!」に応えるには?Embed from Getty Images



言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択課題設定力

答えに至るルートを、自分で設定できない事には、
調査もやりようがない気がします。
別の呼び方でいうと 「仮説と検証」 みたいな。



でも、やっぱり「基礎体力」はばかにできません。
言語力→語彙力調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

「仮説と検証」までできるのに、
検索語にセンスがないと 「あちゃぁ・・・!(残念)」 みたいな。


普段使う機会が少ない部分や、
意識的に使っていない箇所、など

機会をとらえて、練習するといいのでしょうね。


運動とか、ピアノレッスンなどにも
似ているところがあるなぁ~、と思います。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

0 件のコメント: