ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/01/19

[つぶやき] 調査のスキル。基本的から上級への階段。



こんにちは、サーチャーの酒井です。


ずいぶん前(今見たら、2年前!)に
気になって保存していた、こちらのツイート。
ピアノレッスンについてのものですが・・・



調査(検索とか特許とか、に限定せず)にも
同じような階段があるんじゃないかしらん?と
時々考えます。



今、考えてるのはこんな感じ。(また、変わるかもしれないけど・・・)

言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

上記のツイートと同じく、
左にいけばいくほど基本的なスキル、右にいけばいくほど上級なスキル。です。


たとえば・・・

基本的な調査手順なら?

左側をメインに使えば事足りそうです。
言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

ポイント把握→検索→査読、だけできれば、
「ひととおり、検索できました!」 な感じ?



ちょっと凝った検索に踏み込むなら?

言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

対象ジャンル、たとえば「特許法の知識」とか、業界や技術を深く理解しているとか。

より的確にターゲットを狙うために、データベースの事を知っていた方が良いし、

「もっとここを調べた方がいい!」視点の切り替えも、有効かと思います。




では、もっともっと難しい調査。
「答えも、調査の道筋も全く見えないけれど、こんな事が知りたい!」に応えるには?Embed from Getty Images



言語力→語彙力→調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択課題設定力

答えに至るルートを、自分で設定できない事には、
調査もやりようがない気がします。
別の呼び方でいうと 「仮説と検証」 みたいな。



でも、やっぱり「基礎体力」はばかにできません。
言語力→語彙力調査ポイント把握→データベース操作→査読&ピックアップ→対象ジャンルの知識→インデックス/データベースの知識→視点の切り替え/調査対象選択→課題設定力

「仮説と検証」までできるのに、
検索語にセンスがないと 「あちゃぁ・・・!(残念)」 みたいな。


普段使う機会が少ない部分や、
意識的に使っていない箇所、など

機会をとらえて、練習するといいのでしょうね。


運動とか、ピアノレッスンなどにも
似ているところがあるなぁ~、と思います。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

0 件のコメント: