ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/02/17

[メモ] 論文6本まとめ~数値限定発明×進歩性


おはようございます。サーチャーの酒井です。


”数値限定”に関連した先行例サーチ。

先行例を探す、ということは、
新規性、または進歩性を否定できるような資料を探す、って事ですが・・・


”数値限定”発明の新規性・進歩性に関する論文、
いくつか、Webで読めるものがありました。


備忘録がわりに、題名+URLをまとめました。


数値限定発明の進歩性を否定した一事例
http://www.hanketsu.jiii.or.jp/hanketsu/jsp/hatumeisi/news/201004news.pdf
The Invention [発明] 2010 No.4


「数値限定」発明の進歩性判断
https://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/201002/jpaapatent201002_046-067.pdf
パテント 2010 Vol. 63 No. 3


数値限定発明の新規性・非容易性を認めた知財高裁判決を読む
(審査基準に照らした数値限定発明の新規性・非容易性についての一考察)
https://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200905/jpaapatent200905_011-020.pdf
パテント 2009 Vol. 62 No. 6


数値限定発明の進歩性,特に臨界的意義の要否
https://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200806/jpaapatent200806_095-106.pdf
パテント 2008 Vol. 61 No. 6


新規性・進歩性、記載要件について(上)
~数値限定発明を中心として
http://www.inpit.go.jp/content/100030548.pdf
特許研究 2006/3


新規性・進歩性、記載要件について(下)
~数値限定発明を中心として
http://www.inpit.go.jp/content/100030558.pdf
特許研究 2006/9


※ いずれも、調査の話はほぼ出てきません。
※ 判断基準とか・・・がメインです。




今日は大阪で講習会です。

大阪といえば、
時代を感じるレトロビルがあちこちに。
見ていて飽きません。 (←建築物すき!)




そうそう、近ごろは、
インフルエンザが猛威をふるっている様子。
「インフルエンザ警報」ですって~


予防接種は済ませていますけれど、用心用心。
手洗い励行でまいります。

みなさまも、
風邪にはお気をつけくださいね。




調査&講習のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: