ヘッダーメニュー

News

【GW休業のお知らせ】
 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間をGW休業とさせていただきます。
 休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
 お願い申し上げます。

 【休業期間】2017年4月29日(土) ~ 2017年5月7日(日)

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/02/29

[基本わざ] パテントファミリーは「いろいろ見る&隅々まで見る」が吉。


おはようございます。サーチャーの酒井です。

今日は2月29日。4年に一度の日、でございますね。

なんの根拠もございませんが、
なんだか、得したような気分がいたします♪ ←そうなの?


さて、この記事。
タイトルそのまんま、ですが、


パテントファミリーを確認するなら
「いろいろ見てみる」
「隅々まで見る」  が吉ですよ! というお話です。


恒例、折り畳みまする。





ひとことで 「パテントファミリーを調べたい」 と言っても、
目的はいろいろですよね。


・ 海外の公報が手元にあって、
読むの大変なので、
対応日本語公報があれば欲しい。

 → 日本で公報が出ているかどうか、がわかれば
    ひとまずOKですよね。


・ 自社製品の障害になりそうな特許がある。
ほぼ全世界が市場になっている。
新興国も含めて、可能な限り・すべての状況を把握したい。

→ 「全部」パターン!頑張ってーーー!



「いろいろ」 「隅々まで」 見るのは、後者のパターン。


●「いろいろ見る」 って?

ベタですが、代表的なのはこの2つ

Espacenet

WIPO PatentScope (PCT出願の場合のみ)


また、新興国ですと、該当国で公報発行されているのに、
Espacenetにも、PatentScopeにも収録されていない可能性があります。


収録されていない原因としては

・EspacenetやPatentScopeへの収録に年単位の時間がかかる(収録タイムラグ)

とか

・そもそも、収録対象になっていない
(たとえば、Espacenetってインドのデータは収録対象外だったりします)

あたりが考えられます。


ですので
「新興国を含めて知りたい!」というケースでは、

当該国の特許庁DBで、
追加確認すると、より正確。


となります。



それから、最近の国際公開公報について
日本への移行状況を確認したいなら
一番早いのは

国内移行データ一覧表 (INPIT) です。





●「隅々まで見る」?


「隅々」っていったら、隅々ですよー?


Espacenet
→ 書誌事項の一番下にある、公報番号リスト
→ INPADOC PatentFamily を、両方



PatentScope の 国内段階(National Phase)


合計3箇所、
見比べてみるといいですよ♪



ひとつ、具体例を挙げます。
※2016/02/29時点の収録情報です。



WO2014148754 の例。

この例では3箇所の収録情報が
微妙~に違っております。(汗


Espacenetの 公報番号リストでは

・・・・・・・(中略)


EP出願に対して、対応KR、CN、CA という風に見えますが



同じくEspacenetの INPADOC PatentFamily。



EP、CA、CN、KRPH、WO が表示されます。

同じEspacenet内なのに、
フィリピンとWOが増えてるんですよね。。。(不思議!)



PCT出願なので、併せてこちら

PatentScope の 国内段階(National Phase)



WO、CN、EP、PH  となっています。
(韓国とカナダ、入ってない。。)


そして最後に付け足し。

2016年2月更新分の、
国内移行データ一覧表(INPIT)から。


日本の出願番号がついた段階、とわかりました。

通常ならばこの後、
まずPatentScopeに収録され、
公表公報が出た後、Espacenetに収録されるはず・・・です。




上記の例だけを見ると、

「一番データが揃っているのは
EspacenetのINPADOCファミリーなんですか?」

と、聞きたくなる方が、いらっしゃるかもですが・・・


それが、そんなに単純じゃないんだな~。 

残念でございます。。。



調べたい国と、調査のタイミングによって、


ある時は、PatentScopeが良かったり

またある時は、Espacenetの書誌事項が・・・、って事もアリ、なのです。



ですので!


「いろいろ見る&隅々まで見る」が吉


なのですね。




もし、かなり忙しくて、各国データをチェックするのが大変な時は、
気軽にお問い合せくださいませ。

午前中に頂いた分は、当日中回答も可能です。

お問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: