ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


夏季休業のお知らせ
平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
スマートワークス株式会社では、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきます。
【夏季休業期間】
2019年8月10日(土)〜2019年8月18日(日)
休業期間中にいただいたお問い合わせについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。
皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

2018/12/28

[検索メモ] PATENTSCOPEの化合物検索 ※要ユーザー登録



こんにちは!サーチャーの酒井美里です。

今年もあと数日。さすがに調査・分析も一段落ということで、
なかなかアップできなかったブログの下書きを、整理整頓する時期となりました。(←大掃除みたい)

今回は「PATENTSCOPEの化合物検索」です。

PATENTSCOPE
http://patentscope.wipo.int/

◆この検索機能の特徴
特許(明細書)中に記載された化合物を検索できます。

1)多彩な入力方法
化合物名/構造式エディタ/画像アップロード/MOLファイルアップロード
2)ハイライトよりすごい。自動スクロール
3)検索対象は世界主要国の特許。 (5大特許庁+PCT,EAPO,ロシアなど)


◆使用前の準備 (ユーザー登録・ログイン&英語画面)

PATENTSCOPEの化合物検索は無料で使えますが、
現時点では、英語画面のみで利用可能です。
また、ユーザー登録ログインが必要です。



また登録ユーザーでも
時々画像認証を求められます。

それぞれの画像の「犬の数」を入力する や
〇〇の写った画像にチェックを入れる など。
いくつかパターンがあります。

「ログイン状態」で「英語画面」を表示できたら、準備OKです。


◆ 検索機能

化合物検索を開いた直後の状態です。(Convert structure)
化合物名、一般名、CAS name, IUPAC name から検索できます。


また、気になる検索対象国ですが、
入力欄の下 Office:[+] の表示を展開すると

「ホントに!?」と驚くほど、対象国が多いです。
よーく見ると、先日「PATENTSCOPEの収録拡大」で取り上げた
ラオスなども含まれているので、
化合物検索できるか?できないか?は関係なく
PATENTSCOPEの全収録国が選択肢になっている可能性が高そうです^^;


検索機能(化合物の入力方法)としては、名称での入力の他、

エディタ機能と


ファイルアップロードが使えます。



アップロード用のファイルは、PNG,GIFなどの画像でもOKです。
画像の持ち合わせがない場合は、
J-GlobalでMOLファイルを入手するのも良いと思います^^


J-Global
https://jglobal.jst.go.jp/


J-Globalから入手したMOLファイルを読み込むと
構造式エディタでの確認を促されます。


内容確認し、「この構造でOK」であれば
Exact Structure Search で 検索実行します。



◆ 表示機能

使ってみて「WIPO、やるなー!」と思ったのは

1)自動スクロール
2)明細書中の化合物一覧 のふたつ、でした。(個人的に)


自動スクロールはまず動画で。雰囲気、伝わりますでしょうか?


検索⇒一覧表示⇒詳細表示、と進んで、
Description(明細書本文)のタブを開いた瞬間

スクロールが始まって、
検索した化合物の記載位置まで自動スクロールします。

結構な高速スクロール。
面白いやら感動するやらで、何回か試してみて、
若干目が回りかけたのは、ナイショの話です。( ̄∇ ̄)

本文中の化合物名(青字になっています)にカーソルを合わせると、
構造式もポップアップされる親切設計ですよ。^^



また、Compoundsのタブを開くと
「請求項中の化合物」「本文中の化合物」など、分類して一覧表示されます。





◆ 本当の検索対象は?


先ほど「発行国の選択肢には、ラオスとかも入ってるけど・・・本当はどうかなぁ?」的な事を書きましたが(微笑)
実際には 「5大特許庁(日米欧中韓)、PCT、ロシア、EAPO」と思われます。



「思われます」というのは・・・

下記画像の位置「Analysis」のバーをクリックすると
簡易統計が起動します。
ここを見ると、ヒットしている国が確認できまして




その結果、
5大特許庁(日米欧中韓)、PCT、ロシア、EAPO が
主な検索対象国と推定しました。

※今回は、化合物1種類だけで 試した結果です。
※化合物を変えると、他の国でもヒットするかもしれないです。


中国や韓国、ロシアなどは、
化合物の現地表記確認も難しそうですので、
PATENTSCOPE使うと、すごく便利かも!と思いました。
PATENTSCOPE検索⇒公報を集める⇒原語表記を確認・収集

といった使い方もできそうです。


それでは^^



■ご案内■


0 件のコメント: