ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年12月度の調査受付中。最短納期12月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表



2019/09/26

[化学] WIPO PATENTSCOPEの新機能



こんにちは!サーチャーの酒井美里です。

昨年このブログでも紹介いたしました、
PATENTSCOPEの化合物検索

今年は更に進化して、部分構造検索ができるようになった、とのことです。

New in PATENTSCOPE: Chemical Sub-Structure Search
September 19, 2019 (↑WIPOの記事に飛びます)


「化合物の部分構造検索」とは?

※上記WIPO記事から 画像をお借りしています。

WIPO PATENTSCOPE英語版の限定機能です。
ユーザー登録(無料です)&ログイン で利用できます。


PATENTSCOPEには
構造を描くツール(Structure editor)がありまして・・・
このように、必要な部分構造を指定すると



図中の青い部分が「指定した構造と一致する箇所」です。
(図はクリックで大きくなります)


これまでも、PATENTSCOPEでは
・化合物名や
・有名な商品名
・IUPAC名
・化合物全体の構造式
などの検索はできていたのですが、

部分構造で検索できる、というのは
とてもインパクトがあるのではないか、と思います。



個人的には、長いこと
PATENTSCOPEの機械翻訳が何となく好きだし、
統計機能もある。ある程度ファミリー情報も入っている。

でも・・・Espacenetと重なる部分も多いものね。。

と思っていたのですが、

昨年化合物検索を発表して以降、
化学系の検索ならPATENTSCOPEかな、という印象が加わり、

今回の部分構造検索で、
私の脳内におけるPATENTSCOPEの地位^^ が一挙に上がりました。


まだまだ英語版しかないのが、ちょっぴり残念ではありますが、
化合物で特許を探す機会のあるみなさま、
ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?



お問合せはこちら



■ご案内■

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ご紹介ありがとうございます。

試しに検索すると

WO US JP CN EP KR RUの特許がヒットしました。

→検索対象は全世界でしょうか?