ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/04/08

[DB] 特許データベースってどうして種類が多いの?どこが違うの?


photo credit: ronsho © via photopin cc

先日商用データベースって、どんなもの?」の記事をアップしました。

簡単に分けると、

商用=提供業者(ベンダー)がいる≒有料
商用以外 ≒ 無料

って感じ。 一般的には「提供元&料金体系による分けかた」の解釈でいいと思います。


ついでに、欲張って「システム」とか「ファイル」に言及しましたところ、
中村先生から 「わかったような、わからなくなったような」 とのコメントが。(汗)


それでは・・・
今度は「正攻法」で、書いてみたいと思います。


日本特許の、データベースの構造とか違いとか。


・・・わかりやすくできるのか?
頑張れじぶん!(笑)





特許のデータベース、特に「商用データベース」って、多くの種類があります。
( こんな比較ページ もあるくらいですし)

もちろん、海外にもたくさん!


どうして種類が多くて、
それぞれ、どこが違うんでしょう。

商用データベースって、どんなもの?」 の後半で、

データベースに関わる事業者には、

 ・ 「データ」の提供元 (特許庁など) と
 ・ 「データベース」の業者 (ベンダー、と呼ばれます)

が存在する、という説明をいたしました。

そして、「NIKE(ナイキ)」のシューズは、
直営店でも、スポーツショップでも、百貨店でも売られているように、

同じデータが、色々な業者で販売される、という構図があります。


特許データベースの世界では、こんな具合に。



左上がデータ提供(供給)元(スポーツシューズなら「メーカー」側)

日本で最大のデータ提供元が 日本国特許庁(JPO) です。
主に「公報データ」と「整理標準化データ(審査経過などが入ってます)」を供給しています。


右の3つが、各商用データベースです(シューズなら「一般向けに販売」側)

それぞれ「マップ」とか「ワークフロー」「独自抄録」など、特徴を持たせていますが、
一般的に、「公報データ」と「整理標準化データ」は各社共通です


・・・ということは?

どのデータベースを使っても、
「検索結果」に極端な差は出ない、ということなんですYO!

※キーワード検索の方式とか、データ収録タイミング、
  概念検索の有無などによって、微妙な差はありますけれども。


「じゃあ、どこが違うの?」
といったら、

・ 検索や表示が速いとか
・ 概念検索エンジンを積んでます とか
・ 辞書を充実させました
・ SDI、ワークフロー管理に優れてます
・ パテントマップ作成に強いです
あと、
・ 独自抄録を入れています



などなどなど。

「独自抄録」を除けば、
違いは「検索データ以外」の部分にあるんですよね。


データベースを選ぶ機会があれば、
そのあたりが、選択基準になってくる、とも思います。



あっ、左下が置き去りになっておりました・・・

IPDLです。



これって、スポーツ用品に例えたら
「ナイキの直営店で、ナイキのシューズを売ってる」 ような状態なんですがね・・・
※ もちろんアディダスに置き換えても可♪



photo credit: glassblower via photopin cc


ナイキ直営店と一番違うのは、

IPDLには、とっても自主規制がかかっている

って事かな、って思います。



ここから、やや専門的な話になります。


「公報テキスト検索」というのは、実質「公報データだけ」を検索しているし、
※ なので、分類の改訂などが反映されません。

「特許分類検索」は、「整理標準化データだけ」を検索しています。
※ だから、キーワード検索ができないのです。
※ 検索結果の表示にだけ、公報イメージを使ってます。

全然、統合性がよろしくない・・・(涙)


普通の工業製品の「直営店」だったら、
自社製品が一番クールに見えるようにレイアウトしたり、
新製品を真っ先に投入したりを、するものですが、
IPDL はそうなっていないんですよね。


IPDLも内部的には、
商用データベースと同等か、それ以上のデータが揃っていますが、

じゃぁ、商用と同じ検索ができるか?というと、
それは「できない」 というのが、現時点での答えになります。





-------------------------------

あっ、一応告知です。

「公報テキスト検索」と「特許分類検索」 を上手に渡り歩いて、
少しでも商用データベースっぽく検索をするなら、こちらの講座にどうぞ。

4/24 検索の基礎練習会
  http://blog.1smartworks.com/2013/04/blog-post.html

今回の例題は「化学系」です。よろしければ。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: