ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年11月度の調査受付中。最短納期11月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/04/01

[紹介]特許検索競技大会に参加する人は、読んでおくと良さそうな記事。


photo credit: Danny Perez Photography via photopin cc


特許検索競技大会。(→http://www.inpit.go.jp/jinzai/kensakutaikai/


2013年も開催されるかな?
・・・って話は、ひとまず脇に置いておいて。

興味深い分析をしている、ブログ記事を拝読しました。

今年も開催されるのであれば 「参加しようかな。」 と思っている方は、
読んでおくといいと思うのです


記事紹介などは続きから。


「今様枕草紙」さんの (http://hvermilion.exblog.jp/

● 教科書的な基礎、と応用

● 教科書的な基礎、と応用2

の2エントリー。


うん、大会の傾向を、的確に分析されてるんじゃないかな?と感じました。


特にここ。「基礎を見る」 ってことと、

誰でも何でも、基礎をしっかり固めた上で応用をしていくことが大事なのです。そういう意味で、基礎がしっかりできているかを見る検索競技大会の出題は良くできているのかなあと思いました。


これ。

やってみなければ、このサーチャーは基本を理解してますってことが、採点者には判りませんものね。



試験と実務が違うなんてことは誰に言われなくても当たり前のことで、


そうなんですよね。

「実務だと、こんな教科書的な検索はしないよ~」 って思うかもしれないけど、

大会では「こう考えて、こう検索しました。」って、
採点者にわかるように見せるのも大切なのだと思います。


今はJapioから過去問集も出ている(しかも1050円!安い)ので、
研究するのもいいかもです。


もう1回、URL貼っておきますね。
http://hvermilion.exblog.jp/


では。アデュー★



# 今も、お仕事などで「上位をとりたい」方って、いらっしゃるのかなぁ。
# 最近の検索式、適当なの2~3本見せてもらって、
# 公報を読んでる時の状況なんかもヒアリングさせてもらったら、
# 大会対策の補強ポイントは割り出せるけど・・・そんな需要ないか。(微笑)



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2 件のコメント:

kazama128 さんのコメント...

ニーズあると思います。

Smartworks さんのコメント...

ありますか!? (嬉)

なんかこう「セミナーっぽくなく、ゆるくできたら良いんだけどな~」って思ってるんです。
週末にランチ会とか。
企画しようかな・・・。