ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7)
   2019年度出張講習予定追加しました。(2018/12/11)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2015/09/24

キーワード?それとも分類? 検索項目を選ぶコツ (2)



おはようございます、酒井です。


タイトルの「検索項目を選ぶコツ」


これは、技術分野別に個性があると思います。
大きく分けると

「分類だけの検索が向いている」
「キーワード検索が向いている」
「分類×キーワードが向いている」


の3種類。


一旦、折り畳みます。



細かく分ければ、
もっと多くのパターンになりますが、
ひとまず、大きく分けた3パターンでいってみます。


3パターンのうち、
どの方向が一番スムーズなのか?


「 検索項目を選ぶコツ 」 とはいうものの、
実際には
経験則の部分が大きいように思います。



例えば、自分の経験した事で書いてみると・・・


コンテンツ配信やゲーム、
ビジネスモデルなど、
「目に見えない技術が多数組み合わさったもの」は、

比較的、分類検索が難しい印象があって、
キーワードを工夫した方が早いな~、と思った事もあれば、


「多くの技術の組合せ」であっても、
目に見える物品になると、検索の印象が違い、

例えば電子デバイスや機械ものは
比較的、分類検索と相性が良かったりします。



逆に、シンプルで、
目で確認しやすく、わかりやすいもの。

生活用品や、飲み物・食べ物、雑貨類などは、
キーワード検索が難しい印象がありますね・・・
「試し検索はうまくいくけれど、
キーワードだけでは、精度が上がっていかない。」という感じです。

(全部、ワタシ個人の印象です。人によって印象は違うかも。)


いずれにしても
「何度か経験してみないと、わからない」 のですが、


少し見方を変えてみると


たとえば
「いつもキーワード検索ばかり」 だったら、どうでしょう?


本当は分類を使う方が効率が良いのか?
分類×キーワード、とするのが最適解なのか?
いやいや、
実際にキーワード検索が一番効率的なのか?


「いつもキーワード検索ばかり」では、
どれが良さそうなのか、
知る事ができないんですよね。。



なので、色々試してみると
良いと思うのです!


最低限

「ズバリに見える分類だけ」

「キーワード同士だけからなる掛け算」

の両方は、試してみる価値あり、です。



ちなみに、
分類とキーワード、
分散の度合い(?)が違う事が多いのです。





検索項目を選ぶコツ シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



0 件のコメント: