ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2018/02/21

[2018.01分] 新設IPC「ヘルスケアインフォマティクス」とコンコーダンス


unsplash-logoMichael Browning

「2018 新設IPC」の続きです。
以前の記事はこちら↓
A01G 園芸、野菜 等
F24S 太陽熱


今日は「ヘルスケアインフォマティック」
-------------------------------------------------
G16H 10/00 患者関連の医療または健康管理データの取扱いまたは処理に特に適合したICT

G16H 20/00 療法または健康改善計画に特に適合したICT

G16H 30/00 医療画像の取扱いまたは処理に特に適合したICT

G16H 40/00 ヘルスケア資源または設備の管理または運営に特に適合したICT
医療機器または装置の管理または操作に特に適合したICT

G16H 50/00 医療診断,医療シミュレーションまたは医療データマイニングに特に適合したICT
伝染病またはパンデミックの検知,監視またはモデル化を行うために特に適合したICT

G16H 70/00 医療参考資料の取扱いまたは処理に特に適合したICT

G16H 80/00 医者,患者の間のコミュニケーションを容易にするために特に適合したICT,例.協調的診断,療法または健康監視
-------------------------------------------------

対応する旧分類は G06Q50/、G06F19/ などが中心です。


前回の記事でのご紹介と同様、
新設IPCは

パテントマップガイダンスで、階層を辿ると表示されません。
直接分類コードを入力し[照会]すると、内容表示可能です。(2018/02/20時点)

特許庁の分類対照ツールを使うと、日本語の分類説明が確認できます。


そして…
パテントマップガイダンスで[照会]なら情報が入っている、と気づいたので

今日は
FI→IPCコンコーダンス(分類対照表)を見てみました。


日本の公開系公報の場合、
多くは
「まず出願に対してFI記号を付与」
「FI記号に基づいて、コンコーダンス先のIPCを付与」
とされているのですが、

先月(2018.01)できたばかり、ほやほやIPC。
FIからのコンコーダンスは、まだ設定されていないかもしれないな…?と思うのですが



本当のところ、どうでしょうか?
どれどれ…?



左側、FI記号は
移行前のIPC(G06Q50~)に対応している、と表示されます。

が。
この表では一か所だけ。


コンコーダンス先が、新IPCに変わっているのです!(驚


これ、どんな状況か?というのは
正直部外者にはわからなくて…
単なる推測になってしまうのですが、


早々とコンコーダンス先を変えているので、
今後、FI記号の改正なども検討されそうな気がします!(←推測)


ちなみに特許庁のFI改正情報には、まだ情報掲載がありません。
近年は春と秋に、改正や付与開始が行われる傾向なので、
春の改正のとき(…って時刻表みたいですね。笑)
私も注意して見てみよう、と思っています。

それでは!




IPC改訂の関連記事
[2019.01分] IPC(国際特許分類)改訂 3つのポイント
[2018.01分] 新設IPCレビュー A01G
[2018.01分] 新設IPC「太陽熱」
[2018.01分] 新設IPC「ヘルスケアインフォマティクス」とコンコーダンス



お問合せはこちら

■ご案内■

0 件のコメント: