ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2018/09/04

[記事紹介] 棚からひとつかみ、って知ってるー?




こんにちは!サーチャーの酒井です。

今日の記事は「検索系の記事紹介 棚からひとつかみ」です。


・・・みなさまは「棚からひとつかみ」と聞いて
思い浮かぶことはありますか?

私は、日曜日のラジオ。
山下達郎さんの「サンデー・ソングブック」かな。

不定期に開催される「棚からひとつかみ」コーナーがあるのです。
(リンク先はWikipedia)
山下家のレコード棚の中から、アトランダムにオンエアされるコーナーです。
どれだけレコードを持ってるの・・・! って、いつも思います。


それはさておき。
今日は記事紹介の「棚からひとつかみ」

最近ピックアップしていた、知財や検索に関する記事。
なかなか解説記事が書けないので、
ひとまず!古くなる前にリンクを貼りたいと思います。
順不同です。




Patent Information News 最新版(EPO)

欧州特許庁が季刊(年4回)発行しているニュースレター。
毎回何かしら役に立つので、
欠かさずチェックしています☆



California Commands The Intellectual Property Landscape -- High Taxes And China May Dethrone It
(Forbes)


カリフォルニア州(の企業・発明者)による出願が増えている話、から始まります。
1992年 には、全米50州+ワシントンDC から出願された特許を100、とすると
カリフォルニア州からの特許は全体の15.5%だったのが (それでも多いけど)

2017年には27.3%に増加したそうです。全体の4分の1以上!



特許のインフォグラフィック Quantum Dots
( Parola Analytics)



パテントマップの内容としては「比較的普通」ですが、
まとめ方がキレイでスムーズに見れるな、とブックマーク。




Better Google Searches for IP Lawyers - Helpful Search Features that Nobody knows.
(LinkedIn内)

知財業務に役立つGoogleの使い方が
8つ、紹介されています。
instant dictionary的に使うのは、言われてみたら無意識にやっていました。
Chromeだけの機能だったんですね!



【CEDEC 2018】難解な”特許”の簡単な「読み方」と「探し方」…特許係争を起こさないための調べ方とは
(Social Game Info)
バンダイナムコ知財の方の講演。
技術者の方、知財経験の少ない方への説明として、とてもわかりやすいと思いました。




MockExam (QPIP)


QPIPというのは
Qualified Patent Information Professionals。
定訳はないようですが「特許情報専門家の資格認定」的な意味合いです。

21世紀に入ってから 欧州で検討が進められており、
資格認定の模擬試験も行われた事があるそうで、

上記のリンク先には、QPIP模擬試験の問題と答えが載っています。


Patent Olympiadでも、
QPIPと類似の問題が出そうな予感がしたり・しなかったりで(←どっちなの!?
予習のために、ちょっとだけ見て・・・めまいがしましたよ。(笑)


棚からひとつかみ、以上です。
それでは☆







「特許調査依頼」をご検討中の皆さま
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
お電話 0266-79-6709 で。

8月の出張予定| 9月の出張予定  打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: