ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7)
   2019年度出張講習予定追加しました。(2018/12/11)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2018/09/23

[検索メモ] 何もなさそうな時に「注目企業」を割り出す。



こんにちは!
連休中ですが「検索メモ」です。



特許データをもとに「注目企業」を割り出す、というテーマ。

特徴的な「何か」があるといいのですが、
「特に、注目要素はなさそうなんですけど・・・?」って時は
困ってしまいますよね。


たとえば・・・

候補の出願人はいくつかある。
でも、何やら全員、出願が減少傾向。な、下図のようなケース。


「みんな出願が低調になってきているので、
業界が盛り下がっているのではないでしょうか?」

「注目企業は・・・特にありません。」

と言いたい気分になりますが、
それでは許されない?時もあるでしょうし。


・・・という時の検索メモです。(いや、分析メモかな?)
先週後半からこの週末^^;にかけて、実際に割り出したものです。

折り畳みます。





1)発明者単位で眺めてみる

出願人単位では「出願低調」に見えるけれど、
発明者単位で見ると、近年集中出願している人がいるかもしれません。

どうやら、発明者の所属が移ったり、
複数の会社を掛け持ちしていたり、の様子。

この場合は「注目の企業」というより
「今のキーパーソン」というのが、適切かもしれません。


今回はこの方法で何名か
「今のキーパーソン」と
「キーパーソン達が立ち上げた会社」を特定できました。


2)企業の現況を調べる

出願がなくなった理由は「開発テーマが変わった」というのも多いですが、
もうひとつ、社名変更・合併・解散・・・ など
「その会社がなくなった」ケースも考えられます。

アメリカだったり、
多数のベンチャーが参入している業種だと、これは顕著ですね。^^

ですので「今もある会社か?なくなっているか?」を
確認すると、注目企業の候補を絞り込む事が可能です。


3)過去、出願の多かった企業は・・・?

2)に関連して
「過去は出願が多かった」「でも、今は会社がなくなっている」場合、
権利の生死情報に注目します。

「生きている」としたら、
誰か、その特許を欲しい人が譲り受けて、
権利を図ったり、権利維持したりしている、という事ですよね!


こちらの方法でも
「過去の特許資産を買い集め?て、事業化もしている会社」を
特定することができました。





明日から札幌です。北海道大学に行ってきます。

弾丸出張ですので、観光などは難しそうですが、
何か特産品を食べられたら嬉しいかな。
復興の一助となりますよう。^^


それでは。

0 件のコメント: