ヘッダーメニュー

News

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 
   
代行調査依頼  💡2020年4月度の調査受付中。最短納期4月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表
検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック
2020年度 出張講習 受付状況
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表

2019/10/23

[経過書類] こんにちは!「ドシエの窓」の時間です



こんにちは!サーチャーの酒井です。

今日はトーク番組風?で・・・
「ドシエの窓」と題してお届けします。


ドシエの窓の「ドシエ」とは?
Dossier = 書類、の意味で、
特許の世界では 「審査経過書類(包袋)」を指す事が多いです。

「ドシエシステム」と言ったら「包袋閲覧システム」で、

・J-PlatPatのOPD (ワンポータルドシエ)や
・Espacenet/EP Register の Global Dossier などは

代表的な包袋閲覧システムです。




さて・・・今日のお題は「ドシエの窓」。

先日わたくし、見てしまいました^^
Espacenet(ベータ版)には、
ちょっと面白い「窓」がついているのです。

中国の経過書類入手に関心のある方は
「記事の続き」にどうぞ。





■例題 CN105283352A 

Espacenet ベータ版ではこちら↓です。
https://worldwide.espacenet.com/beta/search?q=pn%3DCN105283352A
 ※なお正式版移行後は、URLから [beta/]を削除で動く、とアナウンスされています。(2019.10時点)


上記URLで例題の「CN105283352A」を開いたら
下記画像の位置を参考に
① Patent Family 表示の
② INPADOC Family を選んでみてください。


③の位置に  RSS: Ramily dossier の表示が出ると思います。


Family dossierをクリックすると、別タブが起動し
EPの番号と経過情報が表示されますが


下にスクロールしてみると









中国の経過書類が出るのです。^^
ちなみにURLは、欧州特許庁のEP Register系のもの。


これが「ドシエの窓」です。
EP Register から 中国特許庁の経過書類システムに窓を開けてる感じですね!



中国側の書類も閲覧できます。
リンク先のドメインは 中国特許庁のもので・・・


当方で見た範囲では、殆どの書類を閲覧できました。^^



じつは・・・
下記のような書式↓で
https://register.epo.org/rssFamily?lng=en&apns=CN201610255316

番号部分を書き換えて頂くと、
Espacenet(ベータ)を経由しなくても、
同じ情報を閲覧できます。
(もちろん、中国側の収録範囲外は表示されません)


------------------------------------------
ちょっと細かい事を書きますと・・・
中国の経過情報を見る方法は現段階で3通りあります。

1)Global Dossier / OPD経由
2)EPO「ドシエの窓」経由 (上記の方法)
3)中国特許庁の CPQuery (要・ID、パスワード、携帯電話番号)

おそらく
2)「ドシエの窓」の情報から
1)のGlobal Dossieの表示や、英文翻訳データを生成していると思われ、
そうすると 2=1 なのでは、と予想していたのですが、

実際に 1)と2)を比較すると
2)の方が少し情報量が多いです。
(3)はまだ比較できていません。ごめんなさい)

・Global Dossierにない書類が
「ドシエの窓」では表示されるケースと

・Global Dossierにも含まれる書類だが、
「ドシエの窓」の方が、情報量が多いケース

の両方です。

後者のわかりやすい例としては・・・
「審査段階での検索/引用文献情報」で、
Global Dossierだと 引用文献が先頭6件程度の表示だが、
「ドシエの窓」で見ると、より多数の引用文献が掲載されている。
といった具合です。


CPQueryより簡便で、
Global Dossierより情報量が多いこの方法、
もしよかったら、お試しください。

それでは!



お問合せはこちら

■ご案内■

0 件のコメント: