ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度12月2020年1月の受付は終了しました。
    2020年度の受付を開始しております。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2019/10/30

EPOPIC2019 ① 開催国ルーマニアの事前情報



こんにちは、サーチャーの酒井です。
今週はEPOの Patent Information Conference、
略して EPOPIC 2019に来ています。

今回より何記事かに分けて、EPOPICと開催国ルーマニアについて
連続投稿いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


さて…皆さま、ルーマニアってどんなイメージでしょうか?
思い浮かぶ観光地などは、ありますか?

私は予備知識が全然なくて…
強いて言えば

・チャウシェスクの独裁政権が崩壊した歴史があって、
・ドラキュラ伯爵(ヴラド・ドラクラ)の伝説があって、
・小説「ハリー・ポッター」だと「ドラゴンの産地」w
(ウィーズリー兄がドラゴンの研究に行ってる)

…最後のは「それは、ルーマニアの知識じゃないでしょうに。。」
って感じですが、
「本当に予備知識がなかったのね…」と、
笑ってやってくださーい、みなさん!^^



一方、開催直前にEPOから届いたメールの内容は
「空港のぼったくりタクシーに気をつけて!」

ネットで旅行記などを漁れば
「欧州で一二を争うほど治安が悪い」


↓色んな物に「スプレーで落書き」はデフォルト。


あと…
「日本国内だと通貨RON(LEI)に両替はできない。
 一旦ユーロか米ドルに両替しておいて出国すると吉」
っていう豆知識もありました。


色々と難易度が高そうなルーマニア 。
実際に来てみると…
あんなに警戒していたというのに、
私も1回、ぼったくりタクシーに引っかかりましたよー(笑)
このお話は、また別の機会に^^


次回は入国ルートの事を書く予定です。
それでは。


【EPOPIC2019目次】

EPOPIC 2019 ① 開催国ルーマニアの事前情報
EPOPIC 2019 ② ルーマニア に入るルート
EPOPIC 2019 ③ Espacenetのハロウィン検索式
EPOPIC 2019 ④ EPOからも注意されてたのに
EPOPIC 2019 ⑤ Patent Olympiad の前日
EPOPIC 2019 ⑥ 今年も甘味満載のPatent Olympiad
EPOPIC 2019 ⑦ ディスカッションラウンドは本当におすすめ
EPOPIC 2019 ⑧ 異国ではたらく審査官の方々


■ご案内■


0 件のコメント: