ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月中旬以降】です。(2017/8/17現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/05/20

Espacenetでのインド特許収録状況を覗いてみる~Coverage編


酒井です。おはようございます。

昨日は「インド特許の年間出願規模、登録件数は?」をアップしました。

ざっくりした数字としては…

・特許出願は年間40,000件前後。概ね増加傾向
・登録は年間4,000件前後。2007/2008年の登録件数が異常に多いのは…どうしてなんでしょ?

といった状況


↓インド特許・登録件数の推移 (出所:EPO)


記事の最後には、

「データベース毎の収録状況を調べるのも、難しかったりするんですけどねー」

と、微妙な終わり方をさせて頂きましたが(^^;


はい、今日は、Espacenetでの収録状況を調べてみます。

但し、ベンチマークとなる出願統計も、
色々微妙な要素を持っていそうですので、
「あくまでも傾向・雰囲気」ということでお願いします!


Espacenetで、収録状況を見るといえば、
少なくとも2つ、方法が考えられます。


・ 収録状況の資料(Coverage)を見る
・ 実際に検索して確認する

の2つ、ですね。


今日はまず、Coverageを参照してみます。


Espacenetの国別Coverageは、ここ↓に入り口があります。
ページの左側、Related links 内です。(2014/05/20時点)


Worldwide patent data coverage information (updated bi-anually)
(更新は隔年)
・・・って文字がほんのり気になりつつ、リンク先に進みます。


リンク先、収録国の一覧表から「インド(IN)」を開きます。




Total Coverage を拡大すると、こんな感じ。

データは5年刻みで表現されていますので、
ここは 「1970年代後半~2000年代前半を収録」 と読みます。
(2004年までの収録を確約している、というわけでもないのですよ~)


それから、色にも注目です。


インドの収録だと「真ん中」の色になるので、
「表中の5年間で、1,000~99,999件のdocumentを収録している」
となりますが・・・?


もう一度、出願件数の推移を確認しましょうか?  (出所:EPO)


たとえば…
2001~2005の5年間を見ると、
出願件数は8万件弱、となります。


「この年代は、1,000~99,999件のデータを収録」 って言われると、
何だか、全件収録していそうな感じがしなくもないですが・・・


さて、実際はどうなんでしょう?(微笑)


引っ張ってすみません~
次回に続きます♪
皆様、よい一日を。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: