ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7)
   2019年度出張講習予定追加しました。(2018/12/11)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2014/05/21

商用データベース派も注目を。EspacenetのCoverage(収録状況)


酒井です。おはようございます。
今日は少しみじかめに。

Espacenetの収録状況を調べるには、
少なくとも2つの方法があります、という記事を書きました。

・ 収録状況の資料(Coverage)を見る
・ 実際に検索して確認する


昨日の記事では、
まずEspacenetのCoverageを見たんですよね。


なーんて記事を書きますと、

「うちは全世界収録の商用データベースを使ってるから、
 Espacenetの収録状況は、特に関係ないな~」

と思われる方も、いらっしゃるかも?ですが・・・

関係、なくないですからーーー! (悲鳴)



EPO(欧州特許庁)が作製している、DocDBというデータがあります

各国特許の書誌情報や分類情報、
パテントファミリー等も含まれているデータです。
DocDBはデータベース(検索ができるもの) ではなくて、
単なるデータの塊、と考えてみてくださいね。


Espacenetというのは、
DocDBをベースに、
公報データ等の情報を合体させ、
一般ユーザー向けの検索機能も付けて、
公開しているサービス、となります。


それから…
DocDB、現在は多くの商用データベースにも入っています。 ←ここ重要
(EPOは、データの外部販売もしているのです)


・・・ということは?

Espacenetに入っていないデータ

おそらく、DocDBにも入っていない

商用データベースにだって、入っていない。

という流れになります。

※商用DBの提供元が、独自収録したデータは別ですよ♪


昨日の記事の流れですと
うちは「全世界収録の商用DB」使ってるし~♪ インドも入ってるから大丈夫!

それ、収録データは何ですか?
え? US、EP、WO以外は、DocDB由来なんですか?

という事は、2000年代後半~のインド特許は収録対象外…かも?

・・・ってなりますよね。(^^;


特に、マイナー国を調べる時などは、

・ (商用DBなら)通常、サービス毎にCoverageがあると思うので、確認。
・ (商用DBなら)独自収録の有無、収録範囲などをチェック
・ Espacenetなら、Coverageを見たり実際に検索(これは次回)して状況確認したり。
・ 可能なら、各国特許庁DB等にもあたってみる。
→ 新興国等知財情報データバンク 公式サイト をチェックすると良い事あるかも♪

…という感じに。
「収録されていないもの」は調べられませんので、
一通り、収録チェックをされるのはオススメです。


それでは。
よい1日を。



収録国に関連する目次記事はこちら

インド検索記事 一覧はこちら






■ご案内■



0 件のコメント: