ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/09/25

WIPO の多言語辞書 WIPO Pearl登場。


おはようございます。今朝は新しいツールの紹介のみ。

WIPOの多言語辞書ツールが公開されました。

名称は WIPO Pearl  といいます。
http://www.wipo.int/wipopearl/search/home.html

Today's photo |the ring by Ales Borszék on 500px


3~4年前だったでしょうか・・・
WIPOのPATENTSCOPEやGlobal Brand Databaseなどが大改造された際、
データベース群のトップページが WIPO Gold という名称になっていた事を思い出します。
(現在、GoldのページはなくReferenceのページに統合されてます)

ですので、WIPO Pearlも同様に、開発中ページ的な位置づけかもしれません。


多言語辞書ツールWIPO Pearl
対応言語は以下の10言語です。
---------------------------------
アラビア語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、
日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語
---------------------------------

辞書生成に関する説明が見つけられなかったのですが(^^;
これまでの、WIPOの科学技術用語辞書の流れから推定すると、
各国に移行されたPCT出願の翻訳文を統計的に解析し、
言語ペアを自動生成する方式、と考えるのが自然かと思われます。

・・・と、少し長くなってきたので、一旦畳みます。
記事の続きで、スクリーンショット等を紹介いたしますね。



WIPO Pearlには Linguistic Search と Concept Map Search
2種類の画面モードがあります。

恥ずかしながら、Linguistic Search は全然使いこなせておらず・・・(^^;

今日はConcept Map Searchを紹介してみます。
直感的に使えるので、こちらは使い方が飲み込めてきました。←本能で生きてるひと。

こちらが初期画面。カラフルなバルーンは技術分野です。閲覧したい分野をクリックします。


下位の技術分野が表示されます。もう一度クリック。
もちろん、上の検索欄に用語を入れて検索する事もできます。


技術用語が動的表示されます。




ここで、任意の語句をクリックすると・・・



各国語での表示が起動します。
アラビア語は右→左表示


そして英語


ロシア語


中国語、といった具合。



Google翻訳などでも、技術用語の訳語は以前より改善が進んでいる感がありますが、
PCT出願とその翻訳文のペア、は、
専門の翻訳者が翻訳文を作っている言語ペア、と考えると、
WIPO Pearlも期待が持てそうです。

今後、収録語数も増やしていく様子。


最後にもう一度、リンク貼っておきますね。

WIPO Pearl
http://www.wipo.int/wipopearl/search/home.html



別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: