ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/09/03

記事紹介~緑茶飲料発明30年。漫画で読む発明の軌跡も。

Photograph green tea by kwon young yong on 500px

おはようございます。

昨日、何気なく手に取った 「おーいお茶」のペットボトル。


おかげさまで緑茶飲料発明30年 ですって!?

「発明」と書かれたら、見逃すわけにはいきません。笑


まず、伊藤園のWebサイトに行きますと、特設サイトが作られてました。
予想をはるかに上回る、充実ぶりでしたよ。


トップページ↓からですと、2段階 リンクを辿るので、少し探しにくい感じですが・・・




発明30周年の特設サイトは、こちらです。



やはり仕事柄といいますか・・・(微笑
発明30年、と言うくらいなので、最初の特許を見てみたいなー、なんて思いまして。


最初の特許探しの顛末は、記事の続きからどうぞ。

Today's photo |green tea by kwon young yong on 500px



最初にお伝えしますと・・・

私が特設サイトを見た限りでは、特許番号は載ってなかったんです。
(隅々まで、しっかり確認できてないだけかも? 汗)


そのかわり、検索のヒントになったのが 「漫画で読む開発ストーリー」です。


なんと全3話でございます♪



以下、ダイジェストでご紹介します。





「おーいお茶」の生みの親は社(やしろ)さん・・・っと。 φ(・_・ メモメモ




開発初期の頃、大きな課題は2つあったとのこと。


変色と香りの変質、2つの課題を克服して、
缶入り緑茶の製品化に成功した伊藤園。


時代は流れて・・・
ペットボトルが普及。



・・・缶に入れていた飲料を、
そのままペットボトルに詰めれば良い、というものではないのですね。


第1話より、お疲れの感じが出てますし。。(涙


そして・・・
開発成功!



1996年に特許を取得!   ←再び φ(・_・ メモメモ


でも、結局特許番号は登場しなかったんですよ~。
教えてくれたって良いのに・・・ね?  (違)


漫画で読む開発ストーリーはこちら

--------

わからずじまいな特許番号でございましたが、

第1話、缶入り緑茶のストーリーより・・・


開発30年 = 1980年代半ば、の出願と考えると


こちらの特許、特許2566801号 (出願:1987年登録1996年)が該当するように思います。
加熱殺菌による不快臭の除去方法です。
--------------------------------------------------

--------------------------------------------------


次は第3話、ペットボトルの開発ストーリーから。


特公平7-97965号 (出願:1991年/登録:1996年)
緑茶を濾過し、瓶やプラスチック容器等に詰める内容です。
1996年登録、もマンガの内容と一致してます。


--------------------------------------------------


特許番号も「たぶんこれかな?」と、特定できたところで・・・
最後にもういちど、リンクを貼っておきますね。

漫画で読む開発ストーリー




別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: