ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/09/26

[包袋] 次からキーワードは Global Dossier (グローバルドシエ) で。


酒井です。特許庁のFacebookからの拾い物、連投です。


突然ですが、みなさん 「Dossier(ドシエ)」って言葉の意味、ピンときますか?
私は正直・・・今までピンときてませんでした。(恥)

ちなみに「ドシエ」はフランス語。元々は「書類」の意味です。
この記事のトップ画像も、500pxで 「Dossiers」 で検索したもの、だったりします。
Today's photo |retour aux dossiers by Marie Hacene on 500px


知財的な意味、としては「包袋」「出願ファイル」に相当するのでしょうか?
英語だと File Wrapper とか、File Inspection などと呼ぶ場面が多いですよね。

前々から、5大特許庁長官会議などでは 「グローバルドシエ構想」が議題にのぼっていた、程度の知識はあったんです・・・ (←言い訳)

「グローバル・ドシエとは、各庁のドシエ(包袋)情報等を仮想的に統合し、一元的なサービスを提供する共通システムを構築する将来ビジョンです。」と説明されておりましたが、まだしばらく、関係ない世界なのかな~?と思っておりましたら。

こちら↓EPOのFacebook記事から。


If you are a patent specialist you know how important ・・・
ですってよ?
それは・・・やっぱり見に行かないと。(微笑)


結論からいいますと、
EPOのサイト(European Patent Register) で、中国の包袋が見えるようになりました。
私が見た範囲では、ファイル形式はPDFでした。
中国語のオリジナルと、英訳版がセットで入っている書面も多かったです。

多分・・・今後、対応する国が増えていくことでしょう。
次から 「Global Dossier」も、追っかけキーワードに昇格しそうです。


閲覧方法のメモ&カバー範囲などは 「記事の続き」 から。



Global Dossier 情報を閲覧するには

European Patent Registerで閲覧できます。
アクセス経路としては、

1)European Patent Registerで、直接検索する。
2) Espacenetで検索し、結果内に表示された European Patent Registerへのリンクを辿る。

の2つが考えられます。
以下、Espacenet経由の閲覧方法をご紹介します。


Espacenetからの閲覧手順


1)こちら、おなじみEspacenet。

詳細表示の「書誌事項(Bibliograpic data)」、
番号見出しの下に表示された EP Register の文字をクリック。



2)European Patent Register に遷移しました。

画面左側のメニューから、表示項目を Patent Family に切り替えます。



3)Family表示画面

目指す国(今回はCN)の公報に、Global dossier の表示があればクリック。



4)Global Dossier

包袋データが、PDFファイルで収録されています。必要なものを閲覧。
翻訳データが併記されている場合もあります。




5) 中国の拒絶理由通知(1回目)のオリジナル




6) こちらは、拒絶理由通知(1回目)の英文翻訳データ





・・・と、こんな具合です。



中国特許のカバー範囲(2014/09現在)と今後の拡充計画

・・・については、Patent Information NEWS 2014/03号に掲載されています。

今のところ、
中国特許|2010年2月10日以降出願分

のみ対応した、ということです。

「な~んだ、4年強?」なんて言わないであげましょう。うん。
※いえ、私も「なーんだ」って思ったクチですが。

だってほら、つい先日出た中国特許の出願統計。
2010~2013年の4年分で、特許出願は238万件ありますもんね。。


で、今後の拡充計画。
--------------------------------------------------
Over the next two years, the  EPO’s Global Dossier service will be extended to include file wrapper data from the US Patent and Trademark Office, the Japan Patent Office and the Korean Intellectual Property Office. At the end of this period all IP5 Offices will fully participate, offering their own interface to data from all five offices.
--------------------------------------------------
今後2年間で、米国、日本、韓国の包袋データを順次追加。
2年後には、5大特許庁のすべてが参加し、独自のインタフェースを提供する。

とのこと。


個人的には・・・
現在、5大特許庁で唯一、包袋のWeb閲覧ができない韓国に期待してます!
拡充が楽しみです。




別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: