ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度11月12月2020年1月の受付は終了しました。
    2020年度の受付を開始しております。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
10月以降の納入分より、消費税率を10%に改定させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2014/10/23

ショート更新|静的(スタティック)な検索



酒井です^^。只今、近接演算の待ち時間なう。
残り約10分らしいので、ショート更新(笑)をします。

Today's photo | Coniston Water Dock by Les Vowell on 500px

・・・・・・・

先日「サーチャーではない、知財関連職」の方と打合せしました。

調査の作業が進んでいくイメージが掴めない、的な話になり、
図を描いて「大体、こんな手順ですねー」とご説明。

・・・・・・・

その時、急に思ったんですけど、
特許調査って、「静的(スタティック)」なのと、
「動的(ダイナミック)」なのがありますね。 検索的に、です。

あ。用語の定義~
スタティックとは、あらかじめ与えられた状態などが変化しないことや、状況を通じて一貫して内容が維持されること。対義語は「動的」「ダイナミック」(dynamic)


今日は、スタティックなほう。

侵害予防調査って、比較的初期に検索条件がFIXして、
以降、基本的にはその検索条件を維持するので 「静的」 かな、と。




このスタイル、
初期に多くの事柄・状況を考慮して、一挙に検索式を組み上げるタイプ。


「動的な検索」と比べると、結構、頭の使い方が違うなー、なんて思います。


あっ、近接演算が終わりました!(喜
「動的な検索」は、次回の更新で。





TIPs シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



0 件のコメント: