ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/10/27

[EPO] 保存版・Espacenetの落とし穴


おはようございます。先週の記事からの続きです。
前回のあらすじ隔週発行のEPOのニュースレター到来。

ねぇ、知ってる? 
AND, OR, それから NOT 演算。
Espacenetはブール演算子をサポートしてるんだよ?


って聞かれて、
「あらやだ!ブール演算子くらい知ってますってば~」と思ったけど、

そこには案外間違いやすい「トラップ」が潜んでいました。。
的なお話でした。


それでは、記事の続きから
「Espacenetのブール演算機能」を見ていきます。
Today's photo | Book Trap by Abdullah AlSayed on 500px



Espacenetの初期画面から「Did you know? 」とリンクされている、
こちらのページ。(Boolean Operator)


特に気になったポイントは、
AND演算なんです。(太字は酒井の編集です)
The AND operator
You can use the AND operator to limit the range of your search. Your query will return only those documents which contain all the terms combined with the AND operator.
AND is the default operator for the title abstract inventor applicant CPC and IPC fields.

ちなみに、OR演算の説明はこうです。
OR is the default operator for the publication number publication date application number and priority number fields.


この文章に出てくる default operator っていうのは、

「1つの検索項目(例:タイトル)に対して、
2つ以上の検索語を、スペース区切りで入力した時に、
 自動的に演算される内容

と考えてください。


日本のIPDL・公報テキスト検索の場合なら、


2つ以上の検索キーワードをスペース区切りで入力。
右端の「検索方式」は、初期値がORになっていますよね。

つまり、公報テキスト検索の
default operator は OR 、といえます。



ふたたびEspacenetに戻りますと

AND is the default operator for 
the title abstract inventor applicant CPC and IPC fields.

OR is the default operator for 
the publication number publication date application number and priority number fields.

ということなので...

Espacenetにおいては
スペース区切りで検索語を入力した場合、
自動的にAND演算される項目と、
OR演算になる項目がある、という意味になります。


AND が初期値なのは、タイトル、要約、発明者、出願人、CPCとIPC。
OR が初期値なのは、公報番号、公報発行日、出願番号、優先権番号。


以上を表にまとめると。
Title |タイトル AND
Abstract |要約 AND
Full text |全文検索 AND
Publication number 
公報番号
OR
Application number
出願番号
OR
Priority number
優先権番号
OR
Publication date
公報発行日
OR
Applicant |出願人 AND
Inventor |発明者 AND
CPC AND
IPC AND

初期値がAND、の項目が案外多い、と思いませんか!?


ですので、
Espacenetを、公報テキスト検索の感覚で検索すると、
知らないうちに失敗してる事があるかも~?
と思います。(^^;


日本の「公報テキスト検索」でこう入力したら


「あぁ、茶飲料の特許でも探そうとしてるのかな?」 って感じになりますが



Espacenetで同様に入力すると、デフォルトがAND演算なので、


サントリーと伊藤園の共同出願を探すような検索になります。
※結果はゼロ件になりました。(2014/10/24現在)


同じように入力しても、検索内容が全然違ってしまいますね!



他の検索項目(例:CPC)の例です。


■ IPDLっぽい感覚(=OR演算のつもり)で
CPCを2つ、スペース区切りで入力すると


0 results found in the Worldwide database for:
G02C1/02/low H04N5/04/low as the Cooperative Patent Classification
この結果は(実際はAND演算なので)ゼロ件


■ OR演算したい場合は、分類コードの間に OR を挟みます。


Approximately 14,677 results found in the Worldwide database for:
G02C1/02/low OR H04N5/04/low as the Cooperative Patent Classification
こちらは1万件を超えます。



他の特許データベースでは、
全項目、デフォルトがOR、
のパターンが多いですよね?

Espacenetの初期値は、
割と特徴的なので、
落とし穴にはまりやすい気がします。


先ほどの表を、もう一度。
TitleAND
AbstractAND
Full textAND
Publication numberOR
Application numberOR
Priority numberOR
Publication dateOR
ApplicantAND
InventorAND
CPCAND
IPCAND

落とし穴にはまらず、自分の意図通りに検索するには、

上の表を頭に入れて検索するか、
逐一、ブール演算子を入力するか、いずれかになります。


私は・・・覚えきれないタイプでして、
逐一演算子を入力してますね。(^^; (実話

それでは!



Espacenetについて、もっと詳しく! ■
EPO特許情報普及活動セミナー
大阪 11月10日(月) | 東京 11月11日(火)
当ブログでの記事はこちら


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: