ヘッダーメニュー

News

【GW休業のお知らせ】
 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間をGW休業とさせていただきます。
 休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
 お願い申し上げます。

 【休業期間】2017年4月29日(土) ~ 2017年5月7日(日)

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/10/01

[TOOL] 米国特許庁(USPTO)内に散らばった情報をまとめて検索。


おはようございます、酒井です。

米国特許庁(USPTO)の各種情報、
「どうしてこんなに、入り口が分かれてるんだろう。(汗)」
って思ったこと、ないでしょうか?


まず、公報データ。
公開特許と、登録特許はデータベースが別々になってます。

経過情報(PAIR)は、上記とは独立していますし
おまけに、権利譲渡情報(Assignment on the Web)も、更に別のところ・・・なんですよね。

Today's photo |collection of various food ingredients by Pannawat Muangmoon on 500px


言い方は悪いんだけど、USPTOのデータベースってば

終戦直後とか?に、急ごしらえで建てた長屋に、
付け足し、更に付け足し・・・と
増築を繰り返してるうち、収集がつかなくなった、謎の建築物



みたいな感じですよね??  ←失礼な!

※画像はwinchester mystery houseです。
アメリカにあり、38年間、休まず増築を続けたというお屋敷。画像もサイト内からお借りしました。


そう思ってたのは、私だけではなかったらしく、
USPTOの検索を補助する、ちょっと便利なサイトを見つけました。
ユーザー登録が必須ですが、無料利用できます。

そのサイトは MaxVal Patent Tools

使い方のメモは、記事の続きからどうぞ。





MaxVal Patent Toolsのメニュー。
今回は Patent Term Estimator と USPTO Widget を取り上げます。


Patent Term Estimator

権利期間を計算するツール、です。

Patent Termといえば・・・当ブログではこちらの記事をご参照ください。

米国特許の権利満了期間を調べる-その1|PTAの基礎知識
米国特許の権利満了期間を調べる-その2|PTAの調べ方

このツールで、
その2|PTAの調べ方の例題に使った 「USP7,123,456」 を検索します。


番号入力して、「Calculate」を押して。


出ました!

Earliest Effective Filing Date や、
TD(Terminal Disclaimer)の有無が表示されるのも、嬉しいところ。


下の欄に、権利満了予定日も表示されます。


なお、
優先権データはINPADOCから、
Patent Term Extensions(PTE)/Patent Term Adjustment (PTA), Terminal Disclaimers (TD)はUSPTOから拾っているそうなのですが、

「INPADOCの優先権データは、たまに誤りがあるので、各自で再確認をおすすめします。」と注意書きがありました。

(有料で、人手で各種日付を確認してくれるサービスも案内されてます)


USPTO Widget

こちらは、スクリーンショットを見ていただけば一目瞭然。
説明いらないかもしれません。



一箇所に番号を入力すると

・書誌事項
・全文テキスト(公開時)
・全文テキスト(登録時)
・譲渡情報
・年金支払情報
・PAIR | 経過情報/包袋/権利期間(PTA) など

が、ずらりと表示されるすぐれもの。

※PAIRだけは、クリック→別タブでPAIRが起動、の仕様です。
※他の各項目は、全部この画面上で内容表示できます。


これを見たとき、
「みんな、USPTOのサイト面倒・・・って思ってるのね?」
と確信しました。(笑)



前述の通り、利用にはユーザー登録が必須ですが、
たとえば、他社特許の権利状態をできるだけ正確に把握したい時などは、
時間短縮にもなり、ストレス軽減されると思います。

各項目が並ぶ=リスト的にも使えて、
チェック漏れの防止にもなりますね。






別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: