ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/10/20

[memo] 専門図書館と博物館



先週金曜日は、
JIPAの研修「特許情報と特許調査」のため、
大阪に出張しておりました。

担当は「無効資料調査」の科目です。
今回お話しした中から、いくつか。

・どんな種類の調査でも、ベースとなる「戦略・戦術」の要素と、
実際に手を動かして作業する「タスク」の要素があります。

・無効資料調査は、落ち着いて状況を見極めることが大切。
笑い話みたいですが、
「権利が既に消滅していた」 とか
「特許公報の発行後に、権利範囲が変わってる」とか、
あり得ないことではないので。 落ち着いて、着実に。

・へんてこりんな検索式でも、何をしてもいいんですよ~
結果さえ出せれば。ね? (怖)   ←これ、5回位言いました。(笑)

・他の調査種別と比べると、利用できる資料の種類がとても多いです。
資料の在処を知っている事も、
いざ、という時すぐ思い出せる事も大切。
「引き出しの中が整理されていて、いつでも滑らかに引き出せる。」
これ、初日に中村先生が話されていたのと、一緒って思いませんか!?

Today's photo By Florian Klauer


今日のブログ記事は、
「多くの資料の引き出しを整理し、滑らかに引き出せるようメンテナンスする」から、
専門図書館と博物館、のリンクをメモしてみます。




========================================


◆専門図書館のリンク

カーリル | 専門図書館リスト (全国230館)
数はやや限られますが、ネットで蔵書検索できるのが良いところ。

東京都立図書館|専門図書館ガイド (都内メイン+近隣各県。450館)
都内の図書館を中心としたリスト

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (全国|館数不明(100前後?))
近年は更新がストップしてます。これに伴いリンク切れもちらほら。


◆ 産業系博物館

Wikipedia 「科学館」
科学館の一覧 >> アジア >> 日本 と辿ります。

Wikipedia 「企業博物館」

Naverまとめ|工業デザインの博物館!デザインミュージアム

Naverまとめ|大人も子供もはしゃいでしまう企業の博物館

日本の企業博物館
約200館を網羅

日本の博物館リンク集
※産業系には限定されていません。(美術館なども含まれています)

========================================


上記は図書館/博物館、と分けておりますが、
私のおすすめは

自社製品/技術に関係ある博物館を発見したら、
図書室や蔵書の有無も確認してみる。

です。


たとえば
産業系の例ではございませんが・・・
長野県松本市にある、松本市美術館

ちなみに草間彌生(松本市出身)の常設展示があります。


・・・で、

こちら、図書館系のデータには、どこにも出てこないものの、
美術情報図書室を持っておりまして。

美術書を中心に、開架で2000冊を常時公開しています。


2000冊、というと、そう多くない印象かと思いますが、
なにしろ、美術書だけで2000冊。
実際に見学させて頂いた事もあります。
かなり、見ごたえがあり楽しかったです。



それから・・・
病院でも、図書室を公開しているケースがありますね。
こちらも、図書館リンクには出てこない可能性が高いもの、です。



・・・となれば?

工業系の博物館でも、
閲覧可能な蔵書を
持っているケースがあるかもしれません!

ということです。


博物館を見学に行かれた際、
館内案内を隅々まで眺めてみて

「図書室」「資料室」

の表示があれば、
偵察してみると良い事あるかもですね。


それでは。



別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: