ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度の受付は終了しました。
    2020年度の受付を開始しております。
    講習会開催を希望される方は、早めのご相談、ご予約をお願い致します。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 1月の出没予報   → 2月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search



2020/01/15

最新講習会スケジュール 〜一般募集〜




講習会スケジュールを更新しました。 


◆人事と品質管理のための「4つのポジショニングセミナー」

実力が発揮できる仕事を選び、人事配置や品質管理、業務の属人性に悩んだ時に役立ちます。
本講座では、4つのポジショニング概念を学ぶところから、ワークを元に個人個人の特性を見ていきます。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】随時開催お問い合わせください
【主催】 スマートワークス株式会社
【場所】 オンラインもしくは出張致します
【受講料】8,000円 (再受講4,320円)
【お申込み】 お問合せフォーム 


B28  国内特許審査経過情報収集ノウハウ
 競合メーカーや取引先が保有する特許権の存在確認は、特許調査の中でも重要な調査の一つです。
本講座では、「注目する他社特許の情報収集で国内経過情報・生死情報」を中心に、実務で必要とな る基本的なノウハウをプロサーチャーである講師が分かりやすく解説いたします。
日頃、「何から手 をつければよいか分からない」「体系立てて学ぶ機会がない」といった悩みをお持ちの方に最適な 講座です。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】1月16日(木)13:30~16:30
【主催】 日本パテントデータサービス株式会社(JPDS)
【場所】(本会場)
    <東京>日本パテントデータサービス(株) セミナー室
    (TV聴講)
              <大阪>日本パテントデータサービス株式会社
    <名古屋>日本パテントデータサービス株式会社
      <九州>日本パテントデータサービス株式会社
【受講料】本会場 16,000円(税別)
     TV聴講 12,000円(税別)
【お申込み】 ネットでお申し込みの方は、日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ内の講座タイトル「B28 国内特許審査経過情報収集ノウハウ」にある「Webでのお申し込み→こちら」からお申し込みください。



B19  外国特許審査経過情報収集ノウハウ 
知的財産調査実務における他社特許の調査では、
「技術内容に沿った問題特許の存在確認」と共に、 
特許出願から権利消滅までの審査から権利状況やパテントファミリーの有無などの確認が欠かせません。
本講座では、日・米・欧・中・韓の5大特許庁+WIPO を中心に、
日頃の知的財産調査実務で すぐに役立つ情報収集のノウハウを解説します。
また、米国の年金情報、中・韓の経過情報等に関しては読み方のコツも解説します。企業の知的財産実務者の方に最適です(検索経験は問いません)。
※5大特許庁の審査の流れと法体系を把握されていると、より多くの情報をお持ち帰り頂けます。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】1月17日(金)10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス株式会社(JPDS)
【場所】(本会場)
             <東京>日本パテントデータサービス(株) セミナー室
            (TV聴講)
              <大阪>日本パテントデータサービス株式会社
    <名古屋>日本パテントデータサービス株式会社
      <九州>日本パテントデータサービス株式会社
【受講料】本会場 16,000円(税別)
     TV聴講 12,000円(税別)
【お申込み】 ネットでお申し込みの方は、日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ内の講座タイトル「B19 外国特許審査経過情報収集ノウハウ」にある「Webでのお申し込み→こちら」からお申し込みください。


B17 特許情報検索法(侵害予防調査)
調査中級・上級者のための侵害予防調査におけるノウハウ講座。
調査の実例を主体に、開発・設計現場とのヒアリング、検索式作成・調査から報告書作成までを一連の流れに沿ってポイントと注意点を調査のプロが丁寧に解説します。
 サンプル出荷・製品発売前の侵害予防調査は、「漏れがあってはならない」「でも、膨大な件数はチェックできない」「結局、この検索式で大丈夫なのか?」と、多くの方が迷いながら調査されている事と思います。
 本講座では調査の実例を主体に、開発・設計現場とのヒアリング、実際の検索式作成・調査から報告書作成まで、一連の流れに沿ってポイント・注意点を調査のプロが丁寧に解説します。知財の調査実務者、開発・設計部門の調査を担当されていてさらなるステップアップを目指す方に最適です。

【開催日】2月14日(金)10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス株式会社(JPDS)
【場所】(本会場)
             <東京>日本パテントデータサービス(株) セミナー室
            (TV聴講)
              <大阪>日本パテントデータサービス株式会社
    <名古屋>日本パテントデータサービス株式会社
      <九州>日本パテントデータサービス株式会社
【対象】 特許調査担当の中~上級者
     ※特許分類が理解できる方

【受講料】本会場 20,000円(税別)
     TV聴講 16,000円(税別)
【お申込み】 ネットでお申し込みの方は、日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ内の講座タイトル「B17 特許情報検索法(侵害予防調査)」にある「Webでのお申し込み→こちら」からお申し込みください。

よろしくお願いいたします!





■ご案内■

Today's photo | Book Smart by Nick Louie on 500px

0 件のコメント: