ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年11月度の調査受付中。最短納期11月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2012/06/06

[雑] 国立国会図書館「リサーチ・ナビ」が面白い

photo credit: thbl via photo pin cc

文献・図書系の「調べもの」は、特許調査より遥かに調べにくく、奥が深い世界。
そして、特許よりも情報の幅が広くて、楽しい世界でもあります。

国立国会図書館の「リサーチ・ナビ」、いつのまにか面白い機能がついておりました!
http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/



リサーチ・ナビの検索窓で、「金田一春彦」 と検索すると・・・



ページ下部に、関連事項が表示されます。


入力した語が一番下。
関連する語(上位概念) が、上に表示されるスタイルです。


さきほど、
> 特許よりも情報の幅が広くて、楽しい世界でもあります。
と書きましたが、


ここは、さすが国立国会図書館!
だいたい、何を入力しても関連事項が出てきます。

「木星」 でも


「スレイプニル」でも

「あひる」 でも


ほんとに何でもあり!


ひとつ難点(改良点?)を挙げると、

上位概念をクリックすると、再検索ができるのですけど、
再検索で表示される結果が少ないです。

下位概念が「ざーっ」 と列挙されるようにでもなれば、絶対便利になると思う!



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: