ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度11月12月2020年1月の受付は終了しました。
    2020年度の受付を開始しております。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
10月以降の納入分より、消費税率を10%に改定させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2018/10/30

検索メモー発明者名の「表記ゆれ」



検索メモです。
——————————-
発明者名の表記ゆれ

同一の発明者(同一人物)による特許出願だが、
公報上に記載された発明者名、
またはデータベースに収録された発明者名の表記にバリエーションが生じていること。
——————————-


例)ノーベル賞を受賞された 本庶佑博士 が発明者の出願

発明者=Honjo Tasuku のデータと




発明者=Honshiyo Yuu のデータがあります。



あからさますぎる(?)表記ゆれの出現に
ちょっとビックリですが…

「ある発明者について、漏れなく特許を追いかけたい」場合は、
表記ゆれの有無を気にしてみる事も大切ですね。^^



「表記ゆれ」に関連する記事


[検索メモ] 自由すぎる出願人名 とその対策。
[過去記事]出願人検索の番外編 :出願人異表記を特定する3つの方法。










■ご案内■



1 件のコメント:

通行人 さんのコメント...

本庶先生の場合は原因が不明ですが、

昔発明者が米国特許出願でサインをするときに、
〇〇健(たけし)であるのに、
つい気分でkenと書いてしまったそうです。

その出願はkenで通したそうですが、
別の米国出願はTakeshiになってます。