ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2018/06/13

「50文字要約」のはなし (3) 検索しやすくチューニング




(1)(2)の続きです。
-------------------------

試し検索をスムーズに行う目的で
「50文字要約」をする。
そのためには・・・?


を、続きもので書いています。
この記事は3話目「チューニング」がテーマです。


突然ですが、人間の認知的な話をさせてください。
人間って、どのような条件が揃ったときに
「おっ♪ 検索、うまくいってるな!」
って感じるのでしょうね。
(特許情報の場合で、です。)


例があった方がわかりやすいと思うので、
「デジタルカメラの先行例調査」で考えてみます。


※折り畳みます。




現在(2018年)、デジタルカメラについて調べるなら?

デジタルカメラの公報って、当たり前にたくさんありますよね!
CCDや、記憶媒体を使っているのも当たり前です。

「撮影したらWifiクラウドに飛ばせる」とか
「カメラ単体でインスタグラムに投稿できる」
よい表情の瞬間に自動でシャッターを切ってくれる」

みたいなのが、
今どきのカメラの発明だったりしませんか?
(・・・かなり、想像で書いておりますが^^;)


たとえば
「撮影したらWifiクラウドに飛ばせるデジカメ
を探したいのに、

単なるデジタルカメラ、
単なる「レンズ+CCD+記録媒体」
みたいな公報がたくさん出てきたら、

「何か違うな。。絞り切れてないな」

って印象を受けるのではないでしょうか?





30年前(1988年)の時点で、デジタルカメラについて調べていたなら?

カメラといえば、一般的にはフィルムカメラ。
「写ルンです」も大人気だったかも!?

レンズとCCDと、記録媒体を組み合わせたカメラ。
30年前はちょうど製品が出始めた時期だったそうです。
普及はもう少し先、1990年代半ばだったでしょうか・・・?


30年前ですと、

単なるデジタルカメラ、
単なる「レンズ+CCD+記録媒体」
の公報も数が少ないはずで、

そのような仕事に関わっていたら、
どれも、チェックや分析の対象になったのでは・・・? と思われます。


--------------

上記の2つの話、
同じような情報なのに、
「すごい情報」に見えたり、
「当たり前。ありきたり」に見えたりする、って事なのですけど、

それを決めている要素は

・先行例はほとんどない / たくさんある
・技術が立上り直後 / 技術が成熟している

といった事柄で、
技術に対する認識、とも連動しやすいです。


・・・という事は?


「試し検索」を行う際も
当たり前で、教科書にも書いてありそうな公報、ではなくて、
調査対象の技術にもっとマッチングした公報が出てくると
「当たっている」とも思えるし、
「この方向性で調査を進めてよさそう」と、判断しやすくなります。


そのように検索するため、に行っているのが、
「発行済公報数」に合わせたチューニングです。


簡単にいうと、


発行済公報数が少なかったら → 要約を短く。場合によっては単語で。

発行済公報数が多かったら → 要約を長く。公知技術と区別できるように。


という調整をすると、
試し検索、うまくいきやすいです。


多い/少ない は、
何件以上/以下 というものではないので・・・
自分の感覚で、長い要約/短い要約/単語、と、試してみるのがおすすめです。


それでは。^^


【「50文字要約」目次】
「50文字要約」のはなし (1) 整理するため?
「50文字要約」のはなし (2) 最短距離で
「50文字要約」のはなし (3) 検索しやすくチューニング ※この記事



「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

ただいま 6月下旬以降 のご報告予定分をお受けしています(2018/06/11現在)
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
電話 0266-79-6709 でどうぞ。
6月の出張予定 | 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: