ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2018/06/29

[発明者分析] テスラに移って大活躍!なカーデザイナー?



昨日の記事の続き、かつ
金曜日のお遊び記事です。

テスラ社発明者さん達の、人間模様的な何か。(!?)

記事を折り畳みますー!


昨日の記事で、
「えーー?テスラの車って工程数少ないらしいのに
どうして、量産に手間取ってるんだろう?」
と、特許を検索してみたのですが、

その際、副産物で
発明者のデータがとれていました。


あ。集計には
特許向けのシンプルな集計ソフトを愛用しております。

集計画面はこんな感じ。
これはテスラの発明者別・出願件数多い順 です。


「件数」からプルダウンのように出ているのは、
内訳データ、といいます。(このソフトの場合ね!)
この集計の場合は「該当52件に含まれている出願年」になってます。

それで・・・
私、気がついてしまいました。

「あれ?」
「この人、テスラで一番出願件数が多いのに、
出願時期は2007-2012の 約6年間だ。。」

「つまり、最近は出願に関わっていないのね?」

「すごーーく偉くなって、現場を離れたのか。
 はたまた、よその会社に移ったのか・・・」


はい、妄想です。
でも考え始めると、面白くて止まりません。(←おーい?



出願件数・上位3人だけ、動きをチェックしてみます。


第3位 Franz Von Holzhausen さん (件数:34ファミリー)

この方は・・・
ヒットした出願は、ほとんど全部が米国意匠特許でした。
ほぼ間違いなく、デザイナーさんですね!

出願時期は2012-2016。
まだテスラに在籍されていそうな・・・気がします。

それでね。
2008年に1件だけGeneral Motors から出願がありました。

こういう感じの。(USD563835)


GM時代は出願1件だけだった、ということで・・・


この方は「テスラに移って大活躍」なのかな、と。
意匠出願が 社内で最も多いこともあり、
チーフデザイナー的なお仕事をされているのかも・・・?と想像してしまいます。

お名前も、なんかカッコいいですよねー!
フォン・ホルツハウゼン だよ? (←そこなの?笑


と、思ったら・・・

かなり有名な方みたい。
英語版のWikipediaに 略歴が掲載されていました。

Frank von Holzhausen (Wikipedia (en))

今年50才。
フォルクスワーゲン → マツダ → GM → テスラ と
一貫して自動車デザインを手がけている方のようです。


おほん。
次の方にまいります。



第2位 Scott Ira Kohnさん (件数:42ファミリー)

この方の出願時期は・・・2007-2014年です

出願内容は バッテリー周辺の熱対策 とか、圧力緩和とかが中心。
また、テスラ以外での出願は見当たらず。

特徴的な動きが検出できないことから
「ごく普通の発明者」の印象が強かったです。



第1位 Weston Arthur Hermann さん (件数:52ファミリー)

この方はですね・・・

冒頭にも書いたように、出願件数はテスラで最多
それなのに 出願時期は2007-2012なのです。

現在も在籍されているのかどうか、
ちょっと謎な感じがします。

出願内容はリチウムイオン電池周辺。
第2位のKohnさんと、連名の出願もとても多いです。



改めて「発明者名だけ」で検索してみると
2012年以降、Quantumscapeから出願をしています。


クアンタムスケープ、というのは
カリフォルニア州にある 電池技術の会社。

そして・・・今週のニュースはこれ。(2018/06/26)

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00689/



それでね。
特許情報を見る限り、ではありますが

ヘルマン氏(で合ってるかな?)
クアンタムスケープに移ってから、
スタンフォード大学出身?の研究者との共同発明が何件かあり、

テスラにいたときと同様、
バッテリーの熱対策とか、
あと、蓄電池の充電効率の向上などを、研究している模様。


キーマンと思われる人たちも
GMから来たり、
クアンタムスケープに移ったり。

アメリカの新興企業って、
なんというか、想像通りだな、と思う金曜日なのでした。


それでは
よい週末を!


「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

ただいま 7月中旬以降 のご報告予定分をお受けしています(2018/06/27現在)
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
電話 0266-79-6709 でどうぞ。
6月の出張予定 | 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会


0 件のコメント: