ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2018/06/20

[CPC特定] に、悩んだときの統計的マッピング



こんにちは、酒井です。

%タイトル%のまま、なのですが、
CPC(共通特許分類)の特定に困った時、
「頼みの綱」で使っているのが


統計的マッピング です。

FI→CPC と CPC→FIがあるけれど、
使う機会が多いのは、圧倒的にFI→CPC。
Statistical mapping: FI to CPC(EPO)

※2015年の記事ですが、統計的マッピングの説明はこちらです。


ひとつ、分類特定の例を挙げてみます。

お豆腐。

Embed from Getty Images

お豆腐って、CPCを特定しにくい典型例かな、と思います。

特許庁の「分類対照ツール」という
IPC-FI-CPC を横並びで表示するツールがあるのですけど


「豆腐」って、実質的に FI記号にしかない項目なんですよね。
IPCとCPCは空欄になっています。
(クリックで拡大します)




このような時に、
Statistical mapping: FI to CPC に訊いてみます!


(FI)A23L11/00の対応で、最も多く付与されているのは・・・?


「CPCでは A23C 20/025 が最多」と表示されます。
また CPCのコードは、Espacenetの分類表にリンクが張られています。


結果。



FIでは A23L (豆)
CPCでは A23C (乳製品)、ともう、発想が全然違う!んだけど


よく見ると
向こうでは「チーズの分類」の下位に
 > 豆や脂肪種子由来のたんぱく質を含有するもの

って分類があって、
豆腐 = 植物性のチーズ、みたいな扱いを受けてるっぽいんですよね!



この手の発想の違いって、
考えただけでは、なかなかわからないところがありますので。。(汗


英語で試し検索、も、もちろんお勧めですし、
試し検索も不調な時は、
Statistical mapping: FI to CPC
試してみると 良いことあるかもしれませんね!


それでは。



「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

ただいま 7月上旬以降 のご報告予定分をお受けしています(2018/06/20現在)
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
電話 0266-79-6709 でどうぞ。
6月の出張予定 | 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: