ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年11月度の調査受付中。最短納期11月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/06/05

[記事紹介] 韓国企業への技術者流出を、特許情報から分析する。


Samsung OLED / source : Pinterest

記事紹介を、もうひとつ。

このところ、毎週楽しみに読ませていただいている
知財情報から見える企業イノベーションシリーズ、

今週は第6回目。
知的財産アナリスト認定講座がきっかけで面識を頂いた、
武藤 謙次郎さんが書かれた記事です。

記事タイトルからして、ものすごーく気になりますよね?
   ↓
   ↓
サムスンに多くの転職者を出した日本メーカーは?
人財の流出問題を特許情報から分析する


なにしろ、日経ビジネスオンラインの
現在のアクセスランキング1位でしたもの。



やはり、皆さん気になる、ってことですよね?(微笑)


サムスンの場合は、最近は横浜研究所が大きな拠点になっている様子で・・・

具体的な社名、技術内容なども紹介されてます。
記事では、だいたい3頁目あたりから。

特許情報分析の記事で、こんなに手に汗握る展開って、
なかなかないです!読み応えありました。


そして・・・最近の私の得意技(そうか?)
それは 「記事の合わせ読み」

記事後半では 「あわせて読みたいあれこれ」 をご紹介します。
お時間のある方、おつきあい頂けたら幸いです。


今回の、武藤さんの記事 ↓
サムスンに多くの転職者を出した日本メーカーは?
人財の流出問題を特許情報から分析する

を読ませていただいて、
自分が真っ先に思い出したのは、こちらの記事でした。



韓国企業に転職したワケ、日本人技術者3人に聞く
(日経エレクトロニクス / TechON)


外野からは 「技術者流出はよくない」とか、
何とでも言える面がありますけれど、

実際に転職された方の声って、
比較的目にする事が少ないので、
併せて読むと、記事の両面が見えてくるのかな・・・と。



なお、この記事の後半では、
実名・顔写真入りでインタビューに応じている方がいます。

・・・じつは、前職で面識のあった方。

私事ですが、液晶の出願権利化を担当していた頃、
よく、技術説明をして頂いたり、
参考論文を紹介してもらったりしていたんです。

サムスンに転職された時は、本当に「衝撃!」のひとことでした。



そしてこの方、松枝さんのお話は、
確か、こちらの書籍の最後のほうでも、取り上げられています。

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義
池上 彰
4163758003


以下の記事でも、東工大講義のほぼ全貌を知る事ができます。

池上彰の教養講座ー君が日本の技術者ならサムスンに移籍しますか ー1

池上彰の教養講座ー君が日本の技術者ならサムスンに移籍しますか ー2



松枝さんがサムスンに移ったのが、約10年前。

その頃は、技術者流出が危惧され始めた時期だったように思いますが、


今回の記事
サムスンに多くの転職者を出した日本メーカーは?

を読ませていただいて、

流出がおさまらないばかりか、
横浜研究所、という受け皿ができて、
転職のハードルが下がったようにも感じられました。


お忙しい方は、日経ビジネスオンラインの記事だけでも、
そして、お時間のあるとき、他の記事の合わせ読みなどもおすすめします。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: