ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/06/06

[EP] Espacenetに日英翻訳機能がつきました。・・・で、実力?


Home Automation Panel (e-ink) / Source : Pinterest

こんにちは。酒井@絶賛長野内勤中、です。

軽く調べものをしようと、Espacenetを開きましたら、


画面の一番下、ウインドウの下端に隠れそうな位置に、





こんな文字列が。

Japanese-English machine translation for patents goes live

Munich, 5 June 2013 -- In another significant move to break down the language barriers to technological information, the European Patent Office (EPO) and the Japan Patent Office (JPO) today announced the launch of the Japanese-English component of the EPO's automatic translation service Patent Translate . This means more than a million Japanese patent documents available via the EPO's global patent database Espacenet ・・・

Espacenet、今日から日-英翻訳ができるようになったみたいです。



日英ね・・・

日英・・・


ま、いっか。 (←え?)


「日本語公報は日本語で読むし」 と
あやうくスルースキルを発動しそうになりました。あぶないあぶない・・・(笑)


ええとですね
この翻訳は、日⇔英の双方向なので、

Espacenet上で、英文抄録や公報全文を
日本語で読むのにも使えますYO。



翻訳エンジンは、いつものごとく、
EPOとGoogleとが共同開発したものです。


・・・で、実力のほどは?


翻訳結果などは、記事の続きからどうぞ。





翻訳させてみました①
英文の公報 → 全文を翻訳


題材は GB2494832 (A)
発明の名称はMethod and system for determining elevator car position です。

(なお、公報全文テキストは WO2011159290 (A1)に由来します)


英文の詳細表示から・・・


        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
こんな具合。





翻訳文にカーソルを乗せると、原文が表示されます。




また、訳文を眺めていると、このように

これは、エレベータかごは、例えば端末ゾーン内の昇降路の上部または下部に着陸で正常に停止することが望ましい。
安全対策としては、エレベータかごは、機械的なハードリミットと衝突しないように、バックアップ手段の数を設ける必要がある。

カタカナで記載された箇所が目に付きます。

カタカナでの記載については、
好みとか、賛否が分かれるのかも?って気がしますが、

個人的には「ゾーン」とか「バックアップ」など、普通に使うカタカナ語(?)ですし、
無理に日本語化されるよりは、かえって意味がわかりやすいように感じました。



もうひとつ。絶縁基板上に半導体層を形成する技術で・・・


思いのほか自然な言い回し!と感じました。


・・・Espacenetの英日翻訳、あなどれないのかも。




続きまして、




翻訳させてみました②
中国公報→英文抄録→日本語に翻訳

題材は CN102876257
発明の名称 Water-based adhesive for interior trim of automobile です。


訳文はこんな具合。


あれ?

こちらも、意外と読みやすいかも?



他の要約も、翻訳をお願いしてみました。これは台湾出願。



・・・ほほーぅ。

なんか、こんな感じの日本語要約って、普通に存在していそうです。




正直、最初はあまり期待していなかったのですが、
何件か翻訳をかけてみると、
案外、読みやすく感じられて、「これもアリかな」 と思えてきました。


もちろん、権利解釈をするような場面になれば、
原文と対比させながら、明細書を読んでいく必要がありますが、

そうではなくて、
取り急ぎ技術内容を把握したいような場面なら、
Espacenetの翻訳機能、結構使えるのではないかしら~? と感じました。






別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

全然関係の無いコメントで申し訳ありませんが
英語で読むのが面倒なので、espacenetで対応日本語公報を表示ダウンロードすると、フォントが変なのですが、何かご存知でしょうか?
すごいカジュアルなフォントで公報を読む気が一挙に失せてしまいました。