ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年11月度の調査受付中。最短納期11月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/06/18

[記事] 古新聞で公知例探し、の妄想~海外の新聞アーカイブ


Dagens Nyheter / Source : Pinterest

おはようございます。酒井です。
今朝は海外の検索系記事から「新聞記事アーカイブ」をご紹介します


ご紹介したい記事は、こちら。
◆ Newspaper Archives--Google's archive... and beyond

図書館の蔵書アーカイブ化や、特許情報の蓄積などにも積極的なGoogle。
今度は、新聞記事の蓄積に着手したようです

Google新聞アーカイブのURLはこちら (見たところ、海外紙ばかりです)
◆  http://news.google.com/newspapers


上記の記事では、

・Googleの新聞記事アーカイブは、まだ蓄積途上。検索機能も未完成。
・本文もOCR化が進められているが、エラーを含む。
・しかし、他にはない紙面がコレクションされており、未完成とはいえ、面白い読み物となるだろう

といった紹介がされています。
ベータ版まであと一歩、という感じでしょうか。


実際にアクセスしてみた様子や、
「その他の海外新聞リスト」 などは、記事の続きから。


Googleの新聞アーカイブ。
トップページには紙名がずらり!と並んでいます。
パッと見では 「フランス語の紙名が多いかな?」という印象。
東欧の新聞などもありました。

http://news.google.com/newspapers

逆に・・・
New York Times とか、Guardianとか、USA Todayは収録されていなかったり。
Le Mondeなども1800年代の記事が少し入っているだけだったり。
そんな感じです。

(今後、収録が増えていくのかも?記事中では不明でしたが・・・)

えー。適当に1紙選びまして。



紙名をクリックすると、年代順に紙面イメージが並びます。


画面は左右スクロール形式になっており、年表のよう。


もちろん、紙面イメージを拡大することもできます。


今回、OCR処理が進んでいなかったり、
テキスト検索機能もきちんと実装されていなかったり、と、散々な状態でしたが、

Googleのことですから、
きっと、Google BooksやGoogle Scholarのように、
OCR化して、検索可能にしていく構想と思われます。

その時は、複数の新聞を横断検索できるんじゃないかな?

また、類似画像検索の対象データにもなっていく可能性大、です。


もしそうなったら、
古い製品名などで検索して、製品画像+日付を一挙に入手とか・・・ふふふ。
#これ、公知例探しの事を考えてます。職業病なり。


今後の動向に、注目したいと思います!


----------------------

また、Googleの新聞アーカイブは、まだできたばかり、ということで、
同記事 では、「Wikipediaも情報源としておすすめ」 と紹介されていました。

なんと、新聞記事アーカイブのリストがあるんですよね!

◆ Wikipedia:List of online newspaper archives

こちらには、ちゃんと現代のメジャー誌(?)もあります。
たとえば

New York Times; (→リンク
(1851–1980) in image and (1980– ) in text
Free 1851–1920 and 1980–present; Pay 1921–1979

ニューヨークタイムズは、古い記事がイメージ。最近の記事はテキストデータ。
1851~1920年と、1980年~は無料。 といった具合。


複数紙の横断検索はできず、
「ニューヨークタイムズ紙のサイトに行って、過去分検索」という形になりますが、
現時点では、こちらの方が情報豊富そうです。


それでは。
アデュー



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: