ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/06/06

[速報] 韓国特許庁もCPC(共通特許分類)を導入する見通しに。


Traditional Korean Hanji Craft / Source : Pinterest

速報です。
# 昨日から、なんか投稿数多いです・・・特許情報界、あわただしい感じ!

少し前の記事で、

中国特許庁が欧州特許庁と組んで、CPC(共通特許分類)を採用

という話題をご紹介しましたが、


なんと、韓国特許庁は、米国特許商標庁と組んでCPC導入ですって~!


両庁のプレスリリースなどは、記事の続きからどうぞ。





◆ 韓国特許庁のリリース (2013/06/05)

リリースから抜粋

또한, 양청은 일부 기술분야에 대해 한국의 특허문헌을 시범적으로 CPC*로 분류하기 위한 협력사업을 추진하기로 합의하였다.
* CPC (Cooperative Patent Classification) : 미국특허청과 유럽특허청이 공동으로 개발한 특허문헌 분류체계로 현재 한국특허청이 사용하고 있는 IPC(International Patent Classification)에 비해 기술분야가 더 세분화된 장점이 있음

------------------------------------------------------
また、両庁は、いくつかの技術分野について、韓国の特許文献を試験的にCPC*に分類するための協力事業を推進することに合意した。
 * CPC(Cooperative Patent Classification):米国特許庁と欧州特許庁が共同で開発した特許文献の分類体系では現在、韓国特許庁が使用しているIPC(International Patent Classification)に比べて技術分野が細分化された利点がある


◆ 米国特許商標庁のリリース (2013/06/05)

リリースから抜粋

The pilot between KIPO and the USPTO marks a major first step towards KIPO classifying its patent collection using the CPC. For the pilot, KIPO will apply the CPC classification to patent documents in particular technologies, namely, technologies for which filings have been especially active at KIPO. KIPO will work together with the USPTO to identify these technologies.

どちらも 「いくつかの技術分野について、試験的にCPCを付与する」と述べているものの、


昨日のSIPOとEPOが協力する件と比べると、

・ 韓国のCPC付与は、いつからスタートするのか
・ 分類付与は誰が実施するのか
・ 最終的に韓国特許庁で付与を行う、とした場合、トレーニングはどのように実施するか

といった点は、今日のプレスリリースでは明らかになっていません。


ですので、
SIPO-EPO より、少し後のスケジュールになるのかもしれませんね。
# ↑あくまでも推測です!



・・・それでですね。


なんか、連日のプレスリリースを見ていたら、ふと

ガラパゴス化

って単語が、
私の脳内を勝手に横切っていきましたのん。。。



いやーーーん! ←自分で思いつき、自分で嫌がるヒト。


(はっ、お見苦しいところを・・・・)



以上、速報でお送りしました



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: