ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/07/02

海外記事紹介~Top 5 Free Online Patent Search Tools(無料のオンライン特許検索ツール・トップ5)



最近の「検索ツール系・海外記事」を紹介します。

Top 5 Free Online Patent Search Tools からです。
http://pulpybucket.com/top-5-online-patent-search-tools/

無料のオンライン特許検索ツール・トップ5、という感じになるでしょうか?




google patens

記事の中で個人的に 「あれっ?そうだったんだ!」 と思ったのは、
検索用データとしてOCRデータが入っている、という説明でした。

・・・深く考えず、特許庁提供の電子データ(テキストデータ)が検索対象になっているんだろうな~、と思って使っていたので、「え?OCR?」と。

でも、記事を見て、改めてGoogle Patentsを見直すと


1930年台の米国特許も、全文のテキストデータが入っており、
「OCRテキストには誤りが含まれている場合があります」 って注釈ついているのですよね


Espacenet等にはない便利さがあり、たまにお世話になるのですが、
なるほど、OCRだから実現している部分もありそうですね。



2番手以降のツールは、記事の続きからどうぞ^^



espacenet
二番手は、いつもおなじみEspacenetです。
記事中では800万件の公報データを収録している点、
各国が自国言語のインタフェースを作成して、Espacenetサーバーに接続している点などに言及しています。


wipo patent search
WIPOのPatent Scopeです。
220万件のPCT公報を含む、3600万件のレコードを収録しています。

ちょっと紛らわしいかな?と感じたので、整理しますと、
Espacenetは 800万件のPublication(公報)を収録。
Patent Scope は 3600万件のレコード(情報 ≠ 公報データ)を収録、なのですよねー。

実際のところ、(私の感覚ですが)PatentScopeは結構マイナーな国が収録されている代わり、その収録は「書誌事項のみ」ってパターンが多いかも?です。

us patent search

あー。。(汗)  ←最初から微妙な反応で、何かすみません。。
米国特許庁のデータベース、でございます。

昔ながらのUSPTOデータベースはここ(http://patft.uspto.gov/)にあり、
この記事で紹介されているGPSNは、また別のデータです。
Global Patent Search Network といって、確か昨年に新設されたサービスですが、
2014年7月現在、収録が米国特許+中国特許のみ、です。
うーん。。ちょっと、使いどころは思いつかないです。。。 

lens
以前 「Patent Lens」という名前だったサービスです。
最近、私はご無沙汰していたのですけど・・・久しぶりに覗いてみると、ちょっと面白い方向性に進化していました。

Lensの収録範囲を載せておきます。(英語のままでごめんなさい。
-------------------------------------------------------------------------------------

  • The European Patent Office’s Docdb bibliographic information from 1907 – present: 81+ Million archives near about 100 jurisdictions..
  • USPTO Applications from 2001 – present with full content and pictures.
  • USPTO Grants from 1976 – present with full content and pictures.
  • USPTO Assignments (14+ Million).
  • European Patent Office (EP) Grants from 1980 – present with full content and pictures.
  • WIPO PCT Applications from 1978 – present with full content and pictures.
  • Australian Patent Full Text

-------------------------------------------------------------------------------------
    各国特許庁データを組合わせ・連携させて、うまく「見せて」いる。
    そんな感じのデータベースです。

    Lensは以前好きでしたし、久しぶりに使ってみるとやっぱり面白い!ので、
    また、別記事にするかもしれません。




    ---------------------------
    ★ まだ書けていないリスト ★

    インド特許の公報種別 (INPADOCの公報種別リスト)
    デジタル×アナログで公報を読む
    「短気な者・検索を制す」説
    計算が苦手な話


    別窓で登録フォームが開きます

    連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
    代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
    ●  講習テキストの販売を始めました。
    採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
    Facebookのフィード購読もお気軽にどうぞ。「お友達」にならなくても大丈夫!(笑) 
    特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
    特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

    0 件のコメント: