ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/07/31

[検索TIPs] 最初のキーワード検索で詰まったら。(1) 思い切りよく



おはようございます、酒井です。
今朝の記事はメルマガ連動、でございます。
※トップ画像のクレジット表示は、記事末尾に移動いたしました。


検索スタートして、最初のキーワード検索。
※「試し検索」とか「味見」と呼ばれる事もあります。

試し検索がうまくいくと、不思議と検索全体がうまくいくもの。

逆に・・・・
試し検索が微妙な状態なのに、
無理矢理、次の段階に進んだ日には
「あら残念」な結果になるかもです。


うまく行かない時、どうしたら良いか? と言いますと。




以前、同年代の女性サーチャーの方とお茶をご一緒した際、
試し検索のことが話題になりました。

1年以上前なので、細かい部分は違っている可能性ありますが 「こんな感じの内容」ということで。記事の続きからどうぞ。



--------------------------------------

「試し検索って、結果一覧を見て ”あっ、はずした” と思ったら、30秒以内に却下ですけど・・・。」

酒井「あっ!私も同じです!ところで、その集合って捨てますか?」

「そうですね、あまりにはずれていたら捨てますね。方向性が間違っている場合、ひねり回しても良いことないので」

酒井「同感です。ダメなものはダメで、思い切りが必要だと思います!」
--------------------------------------


「これは何か違う」と思ったら即却下、とは極端な方法かもしれません。
専門分野は私と全く異なる方だったのですが、
ここは、かなり意見が一致したので、余計に印象に残りました。

試し検索の「見極め」のタイミングには、
分野を超えて、共通するものがあるのかもしれませんね。



でも・・・

「検索経験10年以上の、ベテランサーチャーは
勘で見極められるかもしれないけど、

捨てていいのか、修正がきくものなのか。

どうやって見極めたらいいのか、わからない!」

という方、いらっしゃいませんか?



試し検索の結果を眺めると、
見極めのポイントが、いくつかあります。


ポイントはメールマガジンと、
次回以降のブログ記事で。^^



それでは
よい1日を。


Today's photo | Alina by Иван Летохин on 500px

---------------------------
★ まだ書けていないリスト ★

インド特許の公報種別 (INPADOCの公報種別リスト)
デジタル×アナログで公報を読む
予測と文脈
新しい、かもしれない?


別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: