ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/07/08

検索妥当性と、サンタ袋とジグソーパズル。


前回前々回と、
検索系と見せかけて、全然そうでもない夜話が2回続いたので、
そろそろ、検索系に戻りますね。


タイトルの 「検索妥当性」。

平たく言うならば
「意図している検索目的に対して、
その検索集合って、うまくできてる?それとも何か欠けてる?
って感じになるでしょうか?


検索妥当性をさぐるのは、「難しいこと」の部類です。
私が思うのに、その難しさの正体は・・・


データベースって、




中の見えない袋 (サンタ袋みたいなの)の中に、



パズルのピースが何百万、何千万とほぼ無数に入っているようなもの。


そして検索って、

中が見えない袋に手を突っ込んで、
ピースをいくつか取り出し、
それらしい絵柄に並べてみて、
意味を見いだそうとしている、

そんなものです。



袋の中身(収録データ)を全部取り出してみたら、
検索妥当性は明らかになるのでしょうけれど・・・

人間が全部取り出して見る事は、かなり難しいです。


たとえば、IPDLの公報テキスト検索

ここに現在の収録件数が載ってます。
全部足すと、2000万件ちょっと

妥当性をはかるために、2000万件を見ようとは思わないですよね?



袋の中身を全部取り出さずに、妥当性を調べる、というと、
どうしても 「簡便法」 というか 「近似値」 みたいな方法になりますが、

妥当性を調べる簡便法、いくつかあります。
私は3つの方法を併用する事が多いかな。


それぞれの方法は、次の記事以降で!





別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebookのフィード購読もお気軽にどうぞ。「お友達」にならなくても大丈夫!(笑) 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: