ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2017/10/03

試してみました→Global Patent Indexで誰が何を所有しているか検索する



こんにちは。特許検索の話は久しぶりのような気がしてきた・・・酒井です。
(そうでもないかな)


この間、最新版が出ました
欧州特許庁の Patent Information News

→ 2017/03号 PDF版(英文)はこちら

毎号ひとつは必ず!と言い切れるほど、
検索に役立つ情報が載っています。


でも「英語で解読はちょっと・・・」という皆様は (私もですー!)


発行からしばらく待つと、
ワイゼル様のWebサイトに、和訳版が掲載されます。

2017/02号(和訳)の、私の注目記事はこちら。↓

(http://www.wisel.co.jp/epidos/pdf/PINews-17-02.pdf)


Global Patent Index(GPI)は、私も以前から使っていますが
「権利移転」の検索は経験がありませんでしたので

2017/02号に掲載された例題(BASFの2017第一四半期)を、
そのまま試して、ヒット状況などを確認してみる事にしました。

※折り畳みます。




以下、和訳文(http://www.wisel.co.jp/epidos/pdf/PINews-17-02.pdf) からの引用を交えてお送りします。

- 出願人 / 権利者が BASF (APP=BASF)で、2017 年の第 1 四半期 ( DFE [201701,201703])に GPI で初 めて入手できるもの

・・・が
(DFE [201701, 201703] and APP =BASF)



- または 2017 年の第 1 四半期 (EVD [201701,201703])に BASF に特許権が移転されたこと (EVOW = BASF)を示す新しい リーガルイベント。

・・・は
(EVD[201701,201703]with EVOW =BASF)

となり、


実際に検索した結果がこちら↓。



・・・って、2594レコードありますね。



件数が少なそうな
特許権が移転したもの(EVOW = BASF)だけを検索してみますと



260レコード になりました。


この260件、一覧表示させてみると
案外「Applicant = BASF」のレコードが多く。


米国の宣言書等のタイミングが
ちょっと遅かったのか・・・?という感じがいたします。



これでは「本当に特許権が移転したもの」を把握しにくいので
統計機能を使ってみました。


チェックマークを入れたのが「BASF以外の出願人」です。


統計表にチェックマークを入れると
自動的に、下記のような「出願人検索」の条件が生成されますので
APP = ("CIBA SPEC CHEM WATER TREAT LTD" "OSRAM OPTO SEMICONDUCTORS GMBH" "VERENIUM CORP" "DIREVO IND BIOTECHNOLOGY GMBH" "SION POWER CORP")

これをコピーして・・・

先ほどの検索式に合体させると↓↓


他の出願人からBASFに権利が移転した(らしき)もの、に
絞り込まれた集合ができました。



一番上、AU2004203785のリーガルステータスを確認。
INPADOC legal status

2017-01-05 [PC1] ASSIGNMENT BEFORE GRANT (SECT. 113)
- Owner name: BASF AUSTRALIA LTD
- Free text: FORMER APPLICANT(S): CIBA SPECIALTY CHEMICALS WATER TREATMENTS LIMITED
確かに「Grantの前に権利移転」となっています。


これ、面白いですねーー!! (←そう?)

・・・というか、
こういう事ができるの、初めて知りました。

ずっとユーザーだったのに、
宝の持ち腐れとは、このことです。(恥)
GPIマニュアル、ちゃんと読まなくちゃですねぇ。。



また、和訳文(http://www.wisel.co.jp/epidos/pdf/PINews-17-02.pdf)によると
上記クエリは非常に単純なものであり、例えば BASF 社の名称のバリエーションを追加することにより、向上を図ることができます
このことは、INPADOC における名称が各国特許庁によって提供されるものであるため、すなわち、それ以上標準化された名称がないため、EVOW 検索条件にとっては特に重要です
この注意点も、かなり重要かと。


何かと応用できそうな検索例。
とても勉強になりました。


それでは!




元の記事はこちら

[US]AirPodsの意匠? 鴻海からAppleへの米国権利移転。



■ご案内■

0 件のコメント: