ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年12月度の調査受付中。最短納期12月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表



2019/11/13

EPOPIC 2019 ⑨ もっと表現力?が欲しい! の巻


【EPOPIC2019目次】

EPOPIC 2019 ① 開催国ルーマニアの事前情報
EPOPIC 2019 ② ルーマニア に入るルート
EPOPIC 2019 ③ Espacenetのハロウィン検索式
EPOPIC 2019 ④ EPOからも注意されてたのに
EPOPIC 2019 ⑤ Patent Olympiad の前日
EPOPIC 2019 ⑥ 今年も甘味満載のPatent Olympiad
EPOPIC 2019 ⑦ ディスカッションラウンドは本当におすすめ
EPOPIC 2019 ⑧ 異国ではたらく審査官の方々
EPOPIC 2019 ⑨ もっと表現力?が欲しい! の巻(この記事)
EPOPIC 2019 ⑩ AI技術は特許調査をHappyにするか
EPOPIC 2019(終) 端末実習とEPO的検索の世界観



unsplash-logoViktor Kiryanov

上の画像、Unsplashからのもので
「Car trails on the Highway, Delyan, Bulgaria」というコメントがついてます。
ルーマニアの隣国、ブルガリアの高速道路の風景。


Patent Olympiadの時、最前列に座った男性と女性。
ふたりはご夫婦なのですが、
元々はブルガリア特許庁の審査官で、今は首都のソフィアで調査会社をされているそう。


ソフィアからの距離は約350キロ。
道路も整備されていて、ブカレストまで車で5時間で来れた、と言ってましたっけ。
冒頭の画像みたいな道を運転してきたのかもしれません。


ふたりは残念ながら、
PatentOlympiadが終わってすぐ、
ブルガリアに帰ってしまったのですが。。

彼らの帰宅後に、EPO主催のDinnerがありました。



会場はブカレスト市内の、邸宅風のすてきな建物。





ここでも雑談していると・・・
アジア系の年配の方が話しかけてきました。

この方、カンボジア特許庁の方でした!
なかなかお話しする機会もなさそうですよね。


私の英語力というか・・・
質問力?表現力?が足りず ←たぶん全部です!
「もっと色々なお話を伺いたかったな」と、今でも思うのですが、


結構驚いた話があって。

その方、

「このカンファレンスが終わった後、
ブルガリアにバス旅行するんだ」

って、仰っていたのです。




最初は「せっかくだから、観光旅行かなー?」と思って聞いていて、
でも、
失礼ながら、英語力は私と大差ない感じなので (ごめんなさい)

ブルガリアまでバス!
なかなかのチャレンジャー!

って思っていたのですね。。


ですが。
そのうち。


「昔、ブルガリアの大学で、機械工学や冶金学を学んだんだよ。
 当時の寄宿舎がそのまま残っている、というから。」



と仰ったんです。

えええ?留学されていたのですか?
それって、いつ頃のお話ですか?

と伺うと



聞き間違いでなければ 「1978年から」 と。



1978年って・・・ポル・ポト政権が崩壊した頃ですよね。。
ポル・ポト政権下では、知識層は無条件に殺害された、と聞いた事があります。

それに、その後も長いこと政情が安定していなかったはずで。


もしかしたら、
西側に留学する事が難しくて、ブルガリアに留学されたのかも・・・?
・・・と、これ↑はあくまでも想像なので。


ブルガリアに留学された事情とか、
お国の様子とか、ちゃんと教えて頂けたらよかったなー、と思いました。


もちろん、センシティブな内容を含んでいると思うので
「失礼のないように、教えて頂けませんか?とお願いする系」の語学力とか表現力が欲しいな。もうちょっと頑張らないと! と痛感しました。



このシリーズ、もう少しだけ続きます。


【EPOPIC2019目次】

EPOPIC 2019 ① 開催国ルーマニアの事前情報
EPOPIC 2019 ② ルーマニア に入るルート
EPOPIC 2019 ③ Espacenetのハロウィン検索式
EPOPIC 2019 ④ EPOからも注意されてたのに
EPOPIC 2019 ⑤ Patent Olympiad の前日
EPOPIC 2019 ⑥ 今年も甘味満載のPatent Olympiad
EPOPIC 2019 ⑦ ディスカッションラウンドは本当におすすめ
EPOPIC 2019 ⑧ 異国ではたらく審査官の方々
EPOPIC 2019 ⑨ もっと表現力?が欲しい! の巻(この記事)
EPOPIC 2019 ⑩ AI技術は特許調査をHappyにするか
EPOPIC 2019(終) 端末実習とEPO的検索の世界観





お問合せはこちら


■ご案内■

0 件のコメント: