ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/05/23

[つぶやき] 検索&資料抽出の手順をつぶやいてみる。(US)


Source: weyley.com via Weyley on Pinterest

おはようございます。酒井@目下、検索三昧です。

一年の中でも、講習会の集中する月と、そうでもない月があるんです。
5月は講習会の少ない時期。


この間は
「海外の人と一緒に検討するので、報告書はなるべく英文表記で」
というお話を頂いて、

・・・開業8年目ではじめて。(←超・遅まき)
英文の報告フォーマット作っておりました。


普段、日本語で記録している内容を、
英語に置き換えただけ、なんですけどね。


・・・って、そんな話はさておき。


英文で報告させて頂いたのは、
いわゆる、デューデリジェンス系のサーチでした。

ある企業の、ある技術テーマについて、
「どんな特許が、何件程度あるのか。10件持っているのか、100件規模か、数百件か」 
「該当番号のリストも必要」 

といった内容。


先方から「大づかみで構わない」とお話があったものの、
抜け・漏れを生じさせるわけにはいきません。

今回のサーチ~番号の特定を、記事の続きにメモしてみます。

なお、業務の性質上、具体的な技術内容具体的な検索式登場しません
手順のメモのみ、となっております。

それでは、まいります。




◆ サーチ手順

サーチの手順、振り返ってみると、
桐山先生の「検索式を三段階で考える」に極めて近いのです。


0) 下準備

米国出願が対象だったが、キーワードのバリエーション(特に、その企業が多用するローカルな用語)を把握し切れていない感触があったので、まず日本特許を検索。

日本特許 → 対応米国特許番号 のリスト作成。

ここで判明した対応米国特許は、最終リストに含めるよう、保存しておく。
& 米国特許を見て、「ターゲット企業のキーワード傾向」を確認


1) 米国:キーワード検索

桐山先生の方式では「味見キーワード検索式」「該当から外さないように強制する」と表現されている式。 ターゲット企業の傾向 + 一般的に使用されるキーワードを加味。

タイトル~請求項で検索、が良いか、全文検索が良いかを調整。


2) 特許分類のみで検索  又は 特許分類×技術キーワードで検索

米国分類、CPC、IPCのどれが最適か、それぞれ検索し、内容・件数を見て評価。

キーワード検索の結果を統計解析し、使用分類の参考に。


3) 検索漏れを減らすための措置。追加検索式

分類のみの検索結果 NOT キーワード検索結果、を確認。
必要なキーワードがあれば、式1)に補充。

2)で候補になったが、ノイズも多い分類をここで救済。
分類 × キーワード × キーワード、のようなタイプの式を作成


4) まとめ

式1)~3) を合算。 下準備0)で得られた対応特許リストも合算。


・・・という手順で、極力漏れを減らすように心掛けました。

手順だけ書きだしてみると、日本特許の調査とあまり変わらないですよね。(笑)


が。

漏れが少ない、ということは、
ノイズが混入する、ということでもあって・・・


このノイズまみれ状態では、とても依頼元にお出しできません。(><)
続いて資料抽出(ノイズ除去) に入ります。



◆ 資料抽出の手順


コンセプト

今回は、資料抽出というか、

◎ ターゲット技術に一致するもの
○ ターゲットに近い技術と考えられるもの
△ 用途・部品などとして、本文中に言及される程度

に分けました。 「分類わけ」 といった方が適切なのかも。


 手順

いまいち、図面が使えない技術分野でしたので、
タイトル、要約、請求項あたりが頼り。

1) ソーティング (並べ替え)

今回は「IPCによるソーティング」 が有効でした。
(↑何が有効か、は調査テーマによって変わります。試してみないとわからない…)

並べ替える事によって、
◎~○ が集中する範囲と、△が集中する範囲がクッキリ分かれました。


番号順にチェックすると、
技術内容的には、ランダムに登場する事になるので、

 ・ 抽出(分類わけ)の効率が悪い
 ・ 見逃しのリスクが上がる

のかな、と思ってます。
私は、ほとんど番号順で見る事はない・・・です。


2) 分類わけ

◎、○、△、などと付けてもいいのですが、

今後、リストを再利用する場面を想定して、
技術内容を表す「キーワード」をつけました。
ここは、完全に「分類わけ」 です。

「発明の名称」だけで明確にわかるものは、そこで分類をつけてしまいます。
逆に、判定できないものは、要約・請求項で決定していきました。


3)見直し

最後に見直しです。

2)でつけた分類(Excelに記入)をもとに、リストをソート。
表を、上からもう一度見ていきます。

感覚的な話になってしまうのですが、

同じ分類をつけたものを、通しで見ていると、
「同じような発明の名称・同じような要約」のレコード(出願)がいくつもあり、
そういう一連の公報は、「この分類でよし」 と判定します。

逆に、周囲と比べて違和感のあるレコードは、
日本語でも英語でも 「なんか、回りと違うかも?」 という感じがします。
こちらは、念のため読み直し&適宜分類見直し、となります。



・・・うーん。
長文なんだけど、書いてみると普通でしたね。 (陳謝)


自分では、最後の 「リストの見直し」 が大事かな、と思います。
一度、技術分類順に読んで分類わけしているのに、
最後に「通し」で見ると、不思議と印象が変わってしまうものって、あるんですよね。。。


それでは。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: